このニューラルネットワークは、ニューロンという、特定の刺激を一定量受け取ると、「発火」するスイッチのような仕組みをベースにして、それを複数連結したネットワークによって構成されています。
 次の図が、ニューラルネットワークのイメージです。

 この図はもちろん簡素化したもので、実際にはニューロンの数は何百万以上にもなることもあります。

 ただし、今回は「ヒトの脳をモデルにしている」ということは一度忘れて、ニューラルネットワークを「バケツと水路」にたとえてみましょう。