今回、京都の夫の実家の近くの地域が土砂災害警戒区域となり避難勧告が出てしまったいたのですが、心配して義母に連絡すると、落ち着いた声で、「大丈夫やで!」というのです。

名刺サイズの防災ポケットマニュアル

 避難準備するように伝え、何持って行くかわかる?と聞くと「わからん」と。

義母に送った備蓄品のページ
拡大画像表示

 防災科学技術研究所でいただいて以来、毎日持ち歩いている、防災ポケットマニュアルから備蓄品チェックリスト写真に撮り送りました!

 義母はそれを見て、準備をしてくれたようですが、幸い実家の地域には避難勧告は出なかったようです。

 備蓄品は普段から準備しておくと、いざという時安心ですが、水害の場合、タイムラインでも学んだようにニュースを見てから準備しても、必要最低限の準備はまだ間に合うと思うのです。

 ただ本当に「逃げ遅れ」というのが怖いとつくづく思います。とにかく生命を守る行動を最優先にしなければダメです。

 今回素朴な疑問として、どうして逃げ遅れてしまうかのかという事が引っかかりました。調べると、逃げ遅れてしまうことには、理由がありそれが心理の正常な働きであるということがわかりました。

■災害時、人が逃げ遅れてしまう理由「正常性バイアス」とは | ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com/news/178030/a/

 防災士となり学んだ事は、率先避難者になるという事!

県人会では、常総ふるさと大使として常総市のブースのお手伝いをさせてもらったかんね!

※率先避難者とは、
身近に危険の兆しが迫っているとき、あるいは危険情報に接したときに、その危険をイメージし、「自ら率先して危険を避ける行動を起こす人」、そしてその行動によって「周囲の人にも同様の行動を促し、危険回避行動を起こさせる人」を言う。自らが率先避難者となることで自らの安全を守り、同時に周囲の他者を危険から逃れさせることが可能となる。

 被災された方のことを思うと、つらく苦しいのですが、これから復興に向け、何か自分にできる支援をしていきたいと思います。

 いつか落ち着いたそのときに、笑いをお届けできたらいいな。

赤プル/茨城県常総市出身。2003年女性ピン芸人としてデビュー。エンタの神様、爆笑レッドカーペットなどの番組で、茨城の自虐ネタで注目を集める。2011年先輩芸人、元 坂道コロコロの松丘慎吾と結婚。2014年「チャイム」という夫婦コンビを組み、浅草漫才協会に所属。茨城大使・常総市ふるさと大使。整理収納アドバイザー。著書「おめえら、いつまでも調子に乗ってんじゃねーかんな」。