カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事が30日、同州の企業に対して取締役会に女性の選任を義務付ける法案に署名した。州内に本社を置く上場企業は2019年末までに、取締役会に少なくとも1人の女性を選任する必要がある。  また新たな法律によれば、5人以上の取締役がいる企業は、2021年までに取締役会の規模に応じてそのうち2〜3人を女性にしなければならない。取り決めを満たせない企業には罰金が科される。