【ワシントン】米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は、上場企業に義務づけられている四半期決算の発表について、近く見直す可能性は低いとの考えを示した。  決算発表の要件については、していた。  クレイトン委員長はワシントンで開催されたイベントで、小規模な企業については半年に1回の決算発表へと移行するかもしれないが、「大企業について四半期決算の規定が近い内に変わる可能性は低い」と述べた。