グレッグ・ケリー代表取締役
Photo:NISSAN

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長と共に逮捕されたグレッグ・ケリー代表取締役。2012年には同社で初の米国人代表取締役となったが、社外ではほとんど無名の存在だった。

 だが同社の元幹部らによると、ケリー氏は約30年にわたる日産生活で、社内ではよく知られる存在になった。特に過去10年は、最高経営責任者(CEO)を15年超にわたり務めたゴーン氏の側近として知られていた。

 日本の検察当局は、ゴーン氏が2015年3月期までの5年間について有価証券報告書に報酬を過少に記載した際、ケリー氏が手を貸したとみている。両氏は勾留されており、コメントは得られていない。

 ケリー氏は、欧州勢や日本人が経営陣の大半を占める日産で執行役員になった数少ない米国人だ。2012年にはゴーン氏や昨年CEOに就任した西川廣人氏と並ぶ代表取締役に就任した。