地震や豪雨で住まいを
失った高齢者と家族は必読

 もうひとつ知っておきたい特殊型住宅ローンがある。それは「被災した高齢者限定の“リバースモーゲージ型住宅ローン”」である。

 被災した60歳以上の人が新たな住宅や今ある土地を担保に融資を受けると、月々は利息の支払いだけで済むというもの。「リ・バース60」と同様に利息だけの負担ですむので、被災した高齢者にとってはありがたい制度である。

 これは民間商品ではなく、住宅金融支援機構が提供する制度である。もともと被災者向けに「災害復興住宅融資」があり、これをベースに熊本地震発生後に「災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例)」として開発された。

「災害復興住宅融資」は、60歳以上という年齢条件はなく世代を問わず利用ができ、返済期間は最長80歳まで、月々は元利合計を返済する仕組みだ。通常の住宅ローンの仕組みで、金利が被災者向けに低く設定されているのが特徴だ。

 一方「高齢者向け返済特例」は、申し込み時点で60歳以上の人と限定している。返済期間の設定はなく「リ・バース60」のように、月々は利息のみ返済し続ければいい。毎月の負担が少額で済むため、年金生活者には使いやすい制度である。

深田晶恵さんの新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65~給料、年金、退職金、副業、パート収入、病気、出産で使える!』が小社より好評発売中です。「手取り」を増やすための実践的な方法を解説、「サラリーマンの手取り年収早見表」「年金の手取り早見表」「個人型DC iDeCoの節税額早見表」付き!

「リ・バース60」のように、配偶者を連帯債務者に設定しておけば、申込人の夫死亡後も妻は住み続けることができる。ノンリコース型のため、相続人が残債の請求を受けることもない。

 注意したいのは、融資申し込み時点で配偶者が60歳に達していない場合、連帯債務者になれないこと。その場合は申込人の夫が死亡した時点で残債の一括返済が求められることになる。このあたりは利用前に家族で十分な話し合いが必要だ。

 被災した60歳以上の高齢者が融資を受けるには、3つの選択肢がある。元金と利息を毎月返済する「災害復興住宅融資」、利息だけを支払い元金は死亡後に土地と住宅で一括返済する「災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例)」、そして前述の「リ・バース60」。

 どれを利用するといいのかは、やはり住宅金融支援機構でカウンセリングを受けるのが得策だ。災害専用ダイヤル0120-086-353(9時~17時、祝日・年末年始休業)がカウンセリングの申し込み窓口となる。

(株式会社生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵)