趣味に合う英語動画があるため
モチベーションがアップ

 英会話ユーチューバーから学ぶメリットは、いわば英会話そのものだけでなく、別の楽しむ要素が合わさって生まれているといえる。それが「タレント性」だったわけだが、ユーチューブでは「趣味」と英会話をマッチングしている人もいるようだ。実際、こんな意見が聞かれた。

「英会話のCDなども購入してきたが、例文の話題がまったく興味のないもので、学ぶ以外の面白みがない。でもユーチューブなら、例えば釣りやゴルフなど、自分の趣味に関する英語の動画が上がっている。それを見る方がモチベーションは高くなる」(42歳男性・SE)

「とにかくユーチューブには多彩な英語の動画が載っている。英会話レッスン専用の動画にこだわらなくても、自分の興味あるジャンルの英語動画、しかも字幕付きのものが時々あるので、それを見るだけで学べる。興味がある分、必死に聞き取ろうとするのでオススメ」(29歳女性・サービス)

 世界共通のコンテンツであり、一般の人もアップロードできることから、ユーチューブには無数の動画がある。その中には、英語のもので、かつ字幕付きの動画も見つけられる。そこで、趣味と英会話を掛け合わせた動画を見ている人も多いのだ。

 確かに、英会話のレッスンや教材というと、いわゆる日常会話や教科書的な例文を聞くことが多いイメージ。その会話の内容に興味は湧きにくいだろう。それよりは、自分の趣味にあった動画の方が意欲が湧くかもしれない。

 そのほか、「海外の人気ユーチューバーの動画を見ている。例え字幕がなくても楽しめるし、文法や発音を学ぶより楽しくて良い」(25歳女性・看護師)という声もある。

 さらには、ユーチューブに公開されている海外ニュースの動画を見ながら英語を勉強している人もいるようだ。

「アメリカの英語ニュースや、政治ニュースに笑いを交えたものを毎日見ている。時事ネタなので、英語がわからなくても話の大まかな筋は追えるし、海外での雰囲気などもわかって一石二鳥」(36歳男性・SE)