貯蓄できる人になるために
やってはいけない3つの「ム」

 最後に積み立てを長く続ける際に、やってはいけない3つの「ム」をご紹介します。

 1つ目の「ム」は、「ムリ」。無理な金額で積み立てを始めないことです。お金を貯めようと肩に力が入る、あるいは焦るあまり、年間予算やキャッシュフローを逸脱した金額で積み立てを始めると長続きしません。

 先に述べたように積み立ては地味なものですから、細く長く続けるためのスタイルを確立することが大切です。無理した金額で始めてしまうと、途中から積み立てを減らすことになり、結果としてお金が貯まらないという負のスパイラルに入り、計画が挫折してしまうのです。

 挫折しないためには、無理のない金額で始め、慣れてきたら積み立てを増額して残高を増やすスピードを上げ、ますます頑張る気力を湧かせるというポジティブな思考になるようにして続けるのです。

 2つ目の「ム」は、「ムダ」。つまり、どこの金融機関で始めようかな、どの商品で始めようかな、など必要以上に悩むのではなく、1日でも早く始めることが大切です。悩めば悩むほど積み立てを始めるのが遅くなり、また目標に達成する時期も遅くなります。

 また、手間暇かけずに積み立てができるシステムを使うことも長続きのコツです。仮に給与振込口座以外で積み立てを行うと、わざわざお金を預け替えるという無駄な手間がかかるため、長続きしない可能性が生じるのです。

 最後の「ム」は「ムラ」です。今月は5万円、翌月は3万円、その翌月はゼロ、次は4万円など、積み立ての金額にムラがある人には、お金が貯まらない傾向があるようです。お金を貯めるには、決まった金額を決まった日に積み立てることが基本です。また残ったお金を積み立てるのではなく、最初に積立貯金に預け替え、残ったお金で生活するのが鉄則になります。

 ここまで、お金を貯めるための基本をお伝えしてきました。これまでなかなかお金が貯まらない人ほど、今年こそ「ムリ」「ムダ」「ムラ」に気をつけましょう。千里の道も一歩からなのです。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)