ホームスターVR
「ホームスターVR for PlayStation VR」

 年末年始の長期休暇をどう過ごそうか。思いつくものといえば実家へ帰省する、国内外旅行、友達とどこかへ遊びにいくなどなど。だが、私はインドアな人間なので、どうしても「自宅内でできること」に固執してしまいがちだ。私は悩みに悩んで考えた結果、自宅でも疑似的にアウトドアができるコンテンツで遊ぼうと決心した。

 PlayStation VRで本格的なプラネタリウム体験ができるアプリ「ホームスターVR for PlayStation VR(以下、ホームスターVR)」をチョイス。PlayStation 4のUSBミュージックプレーヤー機能を使うと、USB内に保存されている音楽をBGMとして流すことができる。好きな音楽を流しながら満天の星空を鑑賞するという至福の時間を味わえるのが魅力だ。

 今回は、ホームスターVRの魅力と、VRで見る満天の星空とマッチングするであろう楽曲3点を紹介しよう。

360度に広がる星々を鑑賞できる「ホームスターVR」

ホームスターVR
ホームスターVR スタート画面

 ホームスターVRは、セガトイズとプラネタリウム・クリエイターの大平貴之氏がタッグを組んで開発したVR用プラネタリウムアプリ。幻想的な星空をはじめ、天の川やオーロラなども鑑賞できる。1等星から11等星まで約250万におよぶ星を細かく再現しているという。価格は980円。

ホームスターVR
究極の癒し体験ができる「VR天体プラネタリウム」。このモードに収録されている「全球体型プラネタリウム」は、全方位星空に囲まれた状態でプラネタリウムを堪能できる
ホームスターVR
「春・夏・秋・冬」の4つのモードを収録。季節ごとに観測できる星座を解説してくれる

 「VR天体プラネタリウム」は、座席に座ってスクリーンに映る星座を鑑賞できる「クラシックプラネタリウムモード」と、全方位星空に囲まれた状態で星座の鑑賞ができる「全球体型プラネタリウムモード」を収録。「春・夏・秋・冬」に観測できる星座とそれにまつわる神話を、女性ナレーターがわかりやすく解説してくれる。

ホームスター②
絶景の星空スポット7ヵ所を独占できる「満天の星空セレクション」。上はそのひとつである「テカポ湖(ニュージーランド)」

 「満天の星空セレクション」は、世界のスポット7ヵ所で星空を鑑賞できる。収録されているスポットは、「マッターホルン(スイス)」「イースター島(チリ)」「テカポ湖(ニュージーランド)」「ウユニ塩湖(ボリビア)」「ジャスパー国立公園(カナダ)」「富士山(日本)」「マウナケア山(アメリカ・ハワイ)」。有名なスポットを独り占めできるという優越感に浸れる。ときおりオーロラが出現することも。

 そのほか、世界各地に点在する場所と日時を指定してそこから星空を鑑賞できる「世界の星空タイムトラベル」も収録している。

©2017Pocket

©Ohira Tech

©SEGA TOYS

プラネタリウムとマッチングする楽曲を紹介

ホームスターVR③
平原綾香の「Jupiter(ジュピター)」

 それではプラネタリウムに合う楽曲を紹介しよう。まずは鉄板中の鉄板である、平原綾香の「Jupiter(ジュピター)」をチョイス。ホルストの「木星」(管弦楽組曲「惑星」の第4曲)をモチーフにしたメロディーと、平原綾香の澄み切った歌声が星空に深みをもたらしてくれる。天体VRプラネタリウムと満天の星空セレクションで、幻想的な時間を味わえる楽曲。

ホームスターVR③
ヨハン・シュトラウス二世の「美しき青きドナウ」

 続いて紹介する楽曲は、ヨハン・シュトラウス二世が作曲した円舞曲「美しき青きドナウ」。SF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」で使用されたクラシック音楽だ。この曲を聴くだけで、映画で描かれた広大な宇宙を思い出す。だから広大な星空を描くホームスターVRとの相性は抜群。天体VRプラネタリウムで、至福に満ちた宇宙体験を味わえる。

ホームスターVR③
坂本九の「見上げてごらん夜の星を」

 最後に紹介する楽曲は、坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」。思わず夜空を見上げたくなる歌詞とメロディーは、ホームスターVRが提供するプラネタリウム体験に感動を与える。絶妙すぎるマッチングに鳥肌が立ち、思わず涙腺が緩んでしまいそうになった。改めて坂本九の素晴らしさを堪能することができた。

 星空と楽曲に癒されたい人はもちろん、年末年始は外出を控えたいと考えている人におススメのVRアプリだ。ホームスターVRでアウトドアをした気分に浸ってみてはいかがだろうか。

©2017Pocket

©Ohira Tech

©SEGA TOYS