sumgung
サムスンも2019年のラインナップとして8K対応のテレビを発表した

 サムスンが例年CESに出展するブースのテーマ、あるいは製品は北米市場向けの「テレビ」が中心だ。だが2019年は少しその様子が違っており、5Gやロボットにまで出展分野が広がっていた。

 まずはサムスンが北米市場に向けて発売を予定する2019年モデルのテレビの特徴を簡単に紹介。ご存知のとおり、サムスンは2019年1月現在、日本国内でコンシューマ向けのテレビを発売していない。そのため世界的には大きなシェアを持つブランドである点や、上位モデルには非常にカッティングエッジな機能が搭載されている点を知らない人も多いとだろう。

テレビにiTunes搭載!
新モデルだけでなく2018年モデルもファームウェアの更新で対応

sumgung
エンターテインメントコンテンツにiTunesを搭載しているところは他社にないサムスンのテレビだけの特徴だ

 とくに2019年モデルにはアップルのエンターテインメントの総合コンテンツプラットフォームである「iTunes」を搭載することがCESの開催に合わせて報じられたため、サムスンの新しいテレビには大いに注目が集まった。

 CESのサムスンブースで、iTunesがテレビ上でどのように稼働しているのか見られるかと思い、期待して足を運んだが、準備はまだできていなかった。テレビのスマート機能のホーム画面にiTunesのアイコンが並んでいるだけだった。見た目には他社テレビのスマートホーム機能のホーム画面に、NetflixやHulu、YouTubeなどが並んでいるのとあまり変わりはなさそうだが、アイコンを選択した先のユーザーインターフェースがどんなふうになるのか楽しみだ。

 iTunesアプリは、サムスンが2019年に発売を予定するスマートOS搭載テレビだけでなく、2018年モデルもファームウェアの更新によって対応するようだ。またAirPlay 2とHomeKitのサポートも決まっている。iPhoneに保存した写真や音楽をテレビにミラーリングしてリビングで再生したり、Siriを使ってテレビの電源やチャンネル送りなどベーシックな操作が可能になるとみてよさそうだ。AirPlay 2とHomeKitへの対応については、ソニーが発表した2019年モデルのブラビアZ9GとA9Gも対応するようなので、どんな使い方ができるのか国内でも体験はできそうだ。

sumgung
8Kテレビは発表・発売しているメーカーの中で最も多い5種類の画面サイズが違うラインナップを揃える

 CES 2019はテレビ市場のリーディングブランドが8K対応の新製品を発表した話題で持ちきりだった。サムスンも液晶テレビの上位シリーズQLEDから98/85/82/75/65型の5サイズで8Kテレビを発売する。85型は北米で販売がスタートしており、価格は1万5000ドル(約162万円)になる。そのほかのサイズのモデルについては、近くサムスンのオンラインストアで先行予約がスタートするそうだ。ブースで画質をチェックしてみたが、やや色味やコントラストが強めで、解像感もいまひとつといった感じで、あまり8Kの感動は得られなかった。98型を中心に視聴したので、ひょっとするとこれから画質を練り上げていく段階なのかもしれない。

sumgung
8K画質へのアップコンバート機能に力を入れる

サムスンも5Gに意欲的
ロボットをテーマにしたコーナーも

sumgung
2月開催のUnpackedイベントのティザーをCES会場でも披露

 スマートフォンやポータブルオーディオなどの製品は、CESでは既存のラインナップを紹介するまでに止まっていた。ただCES期間中にサムスンが新しいデバイスのUnpackedイベントを開催するという情報が飛び込んできた。会場にもUnpackedイベントの実施を知らせるバナーが置かれ、道行く人々が足を止めて眺めていた。

 モバイルに関連する話題では、2019年から次世代高速通信「5G」の商用化が一部地域よりスタートすることが決まっている。サムスンは5Gネットワークのインフラベンダーでもあり、エンドユーザーが利用する端末のメーカーでもある。5Gのテクノロジーを幅広く扱うトップランナーであることをブースの一角に5G対応の基地局設備やMassive MIMO送受信機などを展示してアピールした。

sumgung
5Gのテクノロジーに幅広く対応できるサムスンの底力をアピール

 パネルの中央には12月にクアルコムが開催したSnapdragon 855 Mobile Platformの発表会でお披露目された「5Gスマホ」のモックアップも置かれていた。2月末にバルセロナで開催されるMobile World Congressでは5Gスマホのもう一歩踏み込んで進化した姿も見られるのだろうか。期待が膨らんできた。

sumgung
5Gスマホのプロトタイプもショーケースに入れて展示した

 2019年のCESには出展各社が開発する「ロボット」に関連する製品やソリューションも一堂に集まり、さながらロボットの祭典のようになっていた。サムスンも“Samsung City”と名付けたテーマ展示のコーナーをつくり8Kテレビやスマート家電とともに、ユーザーの暮らしをヘルプする「Samsung Bot」の開発プロジェクトを紹介していた。

sumgung
Samsung Botの展示も大いに注目を浴びた

 顔を付けたいかにもコンセプトモデルらしい製品から、高齢者の歩行移動をサポートする実用的で完成度が高めなロボットまでが一堂に集まる。底力のあるサムスンのことだから、来年のCES2020には囲われた柵の中ではなく、ラスベガスの街中の至る所で誇らしげにSamsung Botを練り歩かせているかもしれない。新たなことにも積極的に挑戦するぞといわんばかりの、サムスンの強い意気込みが感じられるブースだった。

sumgung
「顔」のある人型っぽいSamsung Bot
sumgung
歩行サポート機能に特化した実用性の高いロボットも研究開発が進められている