パナソニックの“ビエラ”4K有機ELテレビが、2019年もまたコンスタントな画質の進化を遂げそうだ。CESでは欧州向けの新製品として「GZ2000」シリーズを発表した。またHi-Fiオーディオのテクニクスからは、初のノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドフォンが登場する。

ハリウッドのフィルムスタジオエンジニアが太鼓判
明暗のバランスがとても自然な4K有機ELテレビ

 パナソニックの4K有機ELテレビは、ハリウッドに拠点を置くフィルムスタジオのエンジニアも、その高画質に太鼓判を押している。パナソニックが「Hollywood to Your Home」というキャッチフレーズをうたい、4K有機ELテレビをアピールする理由もここにある。

pana
65型の4K有機ELテレビ「TX-65GZ2000」

 2019年のGZ2000シリーズのラインナップは、65型と55型の2モデル。欧州の発売時期は夏頃を予定するが、価格に関する発表はなかった。同様に日本国内モデルの展開についてもまだ明らかになっていない。

pana
ひとまわり小さい55型の「TX-55GZ2000」

 画質の向上は、平均輝度のバランスをブラッシュアップした有機ELパネル「Professional Edition 4K OLED」と、映像処理プロセッサー「HCX PRO Intelligent Processor」の組み合わせによって実現している。ブースで同じビエラの4K有機ELテレビを新旧並べて比べることもできたが、新しいGZ2000は中間輝度部分の表現力がぐんとよくなっている。

 明暗のバランスがとても自然で、被写体の立体感が活き活きと前にでてくる。プロセッサーのノイズ処理、アップコンバートのアルゴリズムも精度を磨き上げたことによって、例えば動きの激しい映像を視聴すると、被写体となる人物の背景映像のちらつきやノイズがうまく抑えられているのがよくわかる。このテレビでサッカーやラグビー、アイススケートなどのスポーツ映像を観てみたいものだ。

pana
画づくりの心臓部である映像処理プロセッサー「HCX PRO Intelligent Processor」を搭載する

 HDRは複数の方式をサポート。多くのコンテンツが採用するHDR 10、新4K放送もこれにあたるHLGのほか、ダイナミックHDRのDolby VisionとHDR10+もサポートする。

 本体に内蔵するスピーカーシステムは、テクニクスのエンジニアもチューニングに参加して音質にこだわった。GZ2000にはテクニクスが開発したフルデジタルアンプ「JENO Digital Engine」が搭載されている。歪みのないクリアな音が魅力だ。

 さらにテレビ単体でDolby Atmosの立体音場が再現できる。画面の裏側には上方向に向かって左右に2つのスピーカーユニットを配置する。これによりドルビーアトモスのテクノロジーが特徴とする高さ方向からのサラウンドがテレビ単体でも手軽に楽しめるのは魅力だ。

pana
テレビ単体でDolby Atmosの立体音響再生が楽しめる
pana
正面側には3基、背面にも上向きに2基のスピーカーユニットを配置して包み込まれるようなサラウンド再生を実現する

 GZ2000シリーズは、余分な装飾を省いたミニマルで落ち着きのあるデザインも特徴的だ。テレビの映像と音に没入できるよう、存在感を最大限に消したミニマルな機能美を追求しているようにみえる。わが家にもぜひ置いてみたくなった。

pana
左がGZ2000シリーズ。細かい砂粒まで立体感が感じられる映像に進化していた

ワイヤレス・ノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドフォンも登場、有線接続すればハイレゾ音源をネイティブ品質で楽しめる

pana
テクニクス初のBluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドホン「EAH-F70N」

 Hi-FiオーディオブランドのテクニクスからはBluetooth対応のワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドフォン「EAH-F70N」が発表された。アメリカでは初夏ごろの発売が予定されており、価格は450ドル(約4.8万円)前後が見込まれている。

 アラウンドイヤースタイルのヘッドフォンは40mm口径の「Composite Performance Film」を素材に用いた新開発の振動板を採用する。展示されていた製品の音を聴くことはできなかったが、有線ケーブル接続の際にはハイレゾ音源をネイティブ品質で楽しめる。Bluetoothのオーディオコーデックもハイレゾ相当のaptX HD/LDACをサポートする。

 ハウジングの表裏の両側に新開発の高性能マイクを載せて、ユーザーのリスニング環境周辺のノイズを効果的に消音可能だという。反対に周囲の環境音を聞きたいときのために外音取り込みの機能も付けた。テクニクスの製品らしい高級感のあるガンメタリックのカラーリングがいい。

pana
DJプレイを意識して機能を追加したテクニクスのアナログプレーヤー「SL-1200MK7」

 テクニクスからは、さらにアナログレコードプレーヤーが2機種ラインナップに追加される。人気のSL-1200シリーズには、ピッチコントロールのスライダーを搭載してDJプレイでの機能性を高めた「SL-1200MK7」を追加。これまでに発表されたテクニクスのアナログプレーヤーはピュアオーディオ寄りの製品が中心だったが、2014年のブランド復活以来初めてのDJをターゲットにしたプレーヤーがこれだ。アメリカでは夏ごろに1200ドル前後、つまり13万円を切るあたりの価格で発売を予定しているという。新生テクニクスファンの裾野を広げる起爆剤になるのだろうか。

pana
プレスカンファレンスではDJによるパフォーマンスも披露された
pana
テクニクスからはもう一つのアナログプレーヤーとしてHiFiオーディオ向けに音質にこだわってスタンダードクラスの「SL-1500C」も発表された

 最後に、昨年9月にドイツで開催されたカメラ関連の見本市・フォトキナでパナソニックが発表した35mmフルサイズイメージセンサーを搭載した、4K/60p動画記録対応のミラーレスデジタル一眼カメラ「LUMIX S1R」と「LUMIX S1」の2機種の発売時期が3月末に決まったこともおしらせしておこう。

pana
LUMIX Sシリーズは3月末発売が決まった

 さらにSシリーズには、新しく2つの機能が追加発表されている。1つは「HLGフォト」という機能。これをオンにしてシャッターを切ると、HDR対応の高精細な静止画像が撮れるというもの。同モードで撮影した静止画データは、LUMIXの本体に保存したままカメラとビエラをHDMIケーブルでつないで観るか、またはHSP形式で記録されるファイルをUSBメモリなど外部ストレージ書き込んで、テレビのUSBスロットに装着してビュワーで見る方法があるそうだ。

pana
Sシリーズの発売前に2つの新機能が追加される

 もう1つの新機能は解像感の高い静止画を記録する「ハイレゾモード」。ボディーに搭載する手ブレ補正の機構を活かすことで、イメージセンサーをシフトさせながら合計8回の自動連写を行なう。カメラが搭載する新開発の画像処理エンジンの高い処理性能を活かして、カメラ内で自動合成処理を瞬時に行い1枚の精彩感あふれる静止画データに仕上げる。

 CES 2019でもパナソニックは日本を代表する総合エレクトロニクスブランドとして気を吐いた。100周年を超えてさらにその存在感を世界に示せるか。パナソニックの101年目の挑戦が始まる。