歯周病「4つのステージ」
歯磨き時の出血を甘く見てはダメ!

 その歯周病、大きく分けて、(1)歯肉炎、(2)軽度歯周炎、(3)中等度歯周炎、(4)重度歯周炎と4つのステージがある。それぞれのステージを解説しよう。

(1)歯肉炎

 歯と歯肉の境目にプラークが付着し、歯肉が炎症を起こした状態。赤くつやがあったり、腫れたようになったりしていることも。この段階では腫れは歯茎の際程度だが、磨くと出血する。

(2)軽度歯周炎

(1)の歯肉炎が進行した状態で、腫れがより進み、磨くと出血する。歯の根を支えている部分にも炎症が広がり、歯と歯茎の間にポケットと呼ばれる隙間が広がり、歯を支えている骨が溶け始める。ポケットの深さの目安は4ミリ未満。

(3)中等度歯周炎

 歯を支えている骨がさらに溶け、歯が少しぐらつき始め、硬いものが噛みにくくなってくる。歯周ポケットはさらに深くなり、細菌がさらに歯の根元のほうに侵入する。ポケットの目安は4ミリ以上6ミリ未満。

(4)重度歯周炎

 歯を支えている骨が半分以上溶け、歯肉は赤く腫れて膿が出始め、最後には歯が抜ける。ポケットの深さは6ミリ以上。

「中等度で歯がぐらつき、重度で歯が抜けはじめます。ただ、ここまで進んでいると、口の中の状態は全体的に悪くなっているはずなので、1本抜ける頃は、すでに状態の悪い歯が何本もあるものと思われます」(佐藤医師)