トップ営業マンと呼ばれるような人々は、営業活動に対する強いポリシーを持っている。
写真はイメージです Photo:PIXTA

トップ営業マンと呼ばれるような人々は、営業活動に対する強いポリシーを持っている。実際に話を聞いてみると、人がよさそうな営業マンでも、「自分から商品を買わない客はバカだ」と考えている人が意外にも多いのである。その理由とは。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

営業マンとしての
ポリシーを持っているか

 個人コンサルティングをさせていただく際、「営業活動において最も大切なことは何ですか?」と質問をする。

 この質問によって、その営業マンがもっている営業に関する方向性や考え方が見えてくる。いわゆるポリシーである。

 このポリシーは、営業活動において極めて大きな影響力を持つ。

 どんなに凄いトークだとしてもポリシーがズレていれば、あまりいい方向には機能しない。逆に、ちょっと物足りないトークだとしても、ポリシーさえしっかりしていれば結果が出たりするものだ。

 先日お会いした営業マンは、この質問に対して「やはりダントツの数字を上げることですね」と回答した。

 営業は数字の世界。どんなにキレイごとを言っていても数字が残せなければ負けという厳しい世界である。

「私の活動はお客様の役に立っています!」と声高々に叫んでも、ノルマを3ヵ月も下回れば肩叩きされる可能性が高くなる。