青森県の本当に魅力ある自治体ベスト5
1位は米軍基地関係者が多い三沢市

 青森県の地域力フロー指標トップの三沢市は県東部に位置する。米軍基地関係者が多く住むやや特殊な地域性がある。教育以外の分野で高い評価となっている。2位の八戸市は県内2番目の人口を有しており、人口密度(※3)は県内で最も高い。女性の活躍を除きどの分野でもバランスよく全国平均を超える評価となった。

 3位の青森市は県庁所在都市、県内最大の都市である。分野別の特徴は八戸市と似ているが、生活基盤、教育の分野では同市を下回る評価となった。4位が六ヶ所村、5位が弘前市となった。

 青森県の地域力ストック指標トップの六ヶ所村はエネルギー関連の施設が多く、後期高齢者比率が低い。2位の板柳町は後期高齢者比率については県内中位ぐらいだが、りんごを中心とした農業が盛んで、農業就業者比率が県内2位。高齢者就業率は県内トップとなっている。3位はフロー指標トップの三沢市で、後期高齢者比率が低い。4位がおいらせ町、5位が鶴田町となった。

「地域力フロー指標」ランキング・ベスト5(青森県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示
「地域力ストック指標」ランキング・ベスト5(青森県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示

(※3)人口密度は、総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査(平成30年1月1日現在)」の人口を国土交通省「平成30年全国都道府県市区町村別面積調」の面積で除して計算している。以降の人口密度や面積についての記述も同様。