香港の反政府デモの写真を友人と共有した台湾の男性が、国家安全保障を理由に中国で拘束された。  電子機器を取り扱うビジネスマンの李孟居(リー・メンチュウ)氏は3週間前、仕事で香港から中国南部の深センに入った後、消息を絶った。台湾当局と李氏の友人が明らかにした。  中国の国務院台湾事務弁公室は11日、李氏を拘束していることを認めた。報道官は記者団に対し、李氏は「国家安全保障を脅かす犯罪容疑」で取り調べを受けているとしたが、それ以上の詳細は語らなかった。  李氏とは連絡が取れていない。李氏の長年の友人アーチャー・チェン氏は、李氏の家族が弁護士を雇ったと明らかにした。