以上を考え合わせると、胎児が聞いている言語とは、分厚い壁の向こうから聞こえてくる何を言っているかはよくわからない話し声、あるいは走行音がうるさい電車の中でのよく聞き取れない会話、といったところでしょう。

 実際、読者の皆さんも、うるさい電車の中にいて、何を言っているかははっきり聞こえないのに、その話し方のリズムを聞いて、「ああ、これは日本語じゃないな」などと思ったことはないでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんが聞き分けているのも、そのような言語のリズムだと考えられるのです。

聞き取りの手がかりは
言語というより「リズム」

 おなかの中の赤ちゃんに絵本を読み聞かせたとしても、「伝わるのは、言語というよりそのリズムだけ」という事実にがっかりされた方もいらっしゃるかもしれません。しかし私たち大人でさえ、そのリズムを手がかりにして言語を聞き取っていると言っても過言ではないのです。

 たとえば日本語と英語では、リズムがだいぶ違います。英語の発話では、拍子をとるように強い音が定期的に出てきます。たとえば「Have a good time.」であれば、「ハーヴァ グーッド ターイム(太字のところは強く、伸ばして言う)のようになります。

 他方、日本語は、かな文字1文字分が1拍というリズム進行です。それで 「Have a good time.」 を日本語のリズムで言うと、「ハブアグッドタイム」と何だか平板な言い方になります。このような言い方では、なかなか英語母語話者に理解してもらえません。

 あるいは、「観光ですか?」という日本語の質問文は、上がり調子のイントネーションになるとは言え、1文字1拍のリズムで淡々と「カンコウデスカ」と言うのが日本語です。しかし、英語母語話者がこれを言おうとすると、英語のリズムが入りこんで、「カーンコ デー カとなったりします。

 なお、これは以前アメリカに行ったとき、人の良さそうな入国審査官が、私が日本人であることに気づいて言った言葉です。私としては、状況が状況なだけに、相手は当然英語を話すだろうと構えていました。そこに、英語的なリズムの日本語です。何を言われたのかよくわからず、ぽかんとする私に向かって、その親切な入国審査官は、私がわかるまで三度にわたって、その言葉を繰り返してくれたのでした。