Photo: Adobe Stock

乳幼児の食事と健康について、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで世界的に知られる研究チームを率いて、100本近い論文を発表してきたクレア・ルウェリンとヘイリー・サイラッドは、赤ちゃんの食事について、次のように語る。
「最初の1000日の経験が人生のほかのどんな時期よりも将来の健康と幸福に大きく影響することが、世界の科学者のあいだで広く認められています」「赤ちゃんがどんな食べ物を口にし、どんな習慣を身につけるかは、生涯にわたる影響をもたらすのです」
受胎してから2歳くらいまでのあいだに、どんなものをどのように食べてきたかが、「健康」「好き嫌い」「肥満」「アレルギー」など、その後の人生に大きく影響するというのだ。
では、何をどう食べたらどんな好影響・悪影響があるのか? 「妊婦は何を食べるといいか」から「母乳の効果、ミルクの効果」「離乳食は何をどうあげるべきか」といったことまで、クレアとヘイリーはそのすべてを『人生で一番大事な最初の1000日の食事』(上田玲子監修、須川綾子訳)にまとめた。同書の日本版発売を記念して、一部を特別に公開したい。

つわりはなぜ起きる?

 妊娠初期を中心とする吐き気や嘔吐は、妊婦の半数以上が経験するものです。これは朝だけでなく、1日のあらゆる時間帯に起きます。食べ物のにおいや香水、タバコの煙などが引き金になることもあります。

 妊娠中の吐き気や嘔吐の原因についてはあまり解明されていませんが、妊娠にともなう生物学的変化(ホルモンなど)によるもの、というのがおおむね一致した意見です。

 なかには害のある食べ物や物質を避けたり、体から排除したりするための防御機能ではないかと考える研究者もいます。この説には裏づけとなる根拠もあります。たとえば、つわりがいちばんひどい時期が、胎児の発達にとくに悪影響が出やすい妊娠初期である、といったことです。

それはともかく、どうすればいい?

 それはともかくとして、つわりの症状は重いと本当につらいものです。そんなとき、症状をやわらげるにはどうすればいいでしょう?

 妊娠中の吐き気にはショウガが効くことを示すデータがありますが、一貫性のあるデータとは言えません。それどころか、食事によって症状を緩和する工夫については本格的な研究がなされていないのが現状です。それでも、吐き気や嘔吐に悩まされているときは、レモンジンジャーティーを試す価値はあるでしょう。

 公衆栄養学の独立した慈善機関であるファースト・ステップ・ニュートリションでは、ほかに3つの提案をしています。

その1:淡白で水分の少ない軽食を、一定の間隔で少しずつ食べる(何もつけないトーストなど)。
その2:朝起きたときに水分の少ない軽食を食べる。
その3:脂っこい食べ物や辛い食べ物、においの強い食べ物を避ける。

 人によってはつわりに加えて、コーヒーや揚げ物など、特定の飲食物に強い嫌悪感を抱くことがあります。

 また妊娠中には、猛烈な食欲を感じたり、特定のものをむしょうに食べたくなったりすることも珍しくありません。妊娠中の食欲増進は50~90パーセントの女性が経験すると考えられています。

 妊娠中に脂肪や砂糖を多く含む食べ物(ケーキやキャンディ、チョコレートなど)への欲求が高まると、摂取するカロリーの総量が増え、さらには母体の体重が増えすぎるおそれがあります。

 猛烈な食欲にとりつかれたら、抵抗するのはかなり大変だと痛感するはずです! できるだけ健康的なおやつを選ぶ努力をしましょう。

健康的なおやつのアイデア
● 新鮮な果物
● ニンジン、セロリ、キュウリのスティック
● プレーンヨーグルト
● ゆで卵
● カッテージチーズをのせたクラッカー
● アボカドのディップを詰めたピタパン

(本原稿は、『人生で一番大事な最初の1000日の食事』〈クレア・ルウェリン、ヘイリー・サイラッド著、上田玲子監修、須川綾子訳〉からの抜粋です)