年末年始、食べすぎた体をリセットする5つの食事ポイント
年末年始のドカ食い、ダラダラ食い習慣をリセットするには? Photo:PIXTA

 年末年始、つい食べすぎてしまった!ダラダラ食い、ドカ食い生活を続けて胃もたれが……という方も多いのではないでしょうか。今回は、食生活を健康的に「リセット」するためのポイントをご紹介します。

 食べすぎて体が重たい、胃が疲れ気味……というときは以下の5つのポイントを意識して食事を整えていきましょう!

(1)主食は少なめ、野菜は多め

 主食は1食あたり握りこぶし大までに抑えるようにして、糖質のとり過ぎにならないようにしましょう。主食を減らした代わりに野菜や海藻類をしっかりとって、体の調子を整えるビタミンやミネラルを補ってあげると代謝も良くなり体の中もスッキリしやすくなります。

 野菜をとる量の目安は1食で両手のひら分くらいです。複数の野菜を使ったスープを作っておくと、食欲がないときや胃の疲れを感じるときでも消化されやすく、満足感もあり栄養もしっかりとれるのでおすすめです。今はコンビニでも具だくさんの汁物が売られていますので、忙しいときはそういったものも上手に活用していきましょう。

(2)主菜はヘルシーなものを

 揚げ物や脂ののったお肉など脂質が多いメニューは消化に時間がかかるため、胃に負担をかけてしまいます。積極的に選びたいのはシンプルな焼き物や刺し身、鶏むね肉やささみ、赤身のお肉、魚介類、大豆製品……といった脂質が少ない食材を使ったメニュー。タンパク質は体をつくるもとになるので、リセット期間にしっかりとりたい栄養素です。毎食片手のひらサイズは意識してとるようにしたいですね。朝食からタンパク質をとっておくと睡眠の質も良くなり、体もスッキリしやすくなります。夕食を食べすぎてしまうと睡眠の質を悪くしてしまうので、夕食の内容はヘルシーにして食べすぎないように注意しましょう!