――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト*** ***  世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で形成されるコンセンサスは、強力な逆指標になり得るが、今年は悪い意味で気掛かりだ。  2年前、スイスアルプスに集まったエリートたちは世界経済の成長を確信していたが、完全に間違っていた。1年前、彼らは世界経済を懸念していたが、その後に相場は上昇し、またも完全な見当違いに終わった。  今年について問題なのは、緩和的な金融政策を根拠に株価バリュエーションの上昇を妥当とみなすダボスのコンセンサスと筆者自身の見解が一致していることだ。