浪費する50代夫婦
収入が多いのにお金が貯められないお金持ち世帯は少なくありません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

 国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、年収2000万円を超える人は1年間を通して働いた人のわずか約0.6%(累年比較)しかいません。このように少数しかいない高所得者であっても、お金を貯められない人はいらっしゃいます。

 前回ご紹介した大企業にお勤めの方もそうでしたが、収入が多ければ支出も大きくなる傾向があり、その大きくなってしまった支出を抑える方法が分からず、ズルズルと使い続けてしまう人が少なくありません。

 その結果、老後を目前にして貯金がないことに気が付いて慌てる。でも、生活水準やその規模を縮小することは「不便」だし、「そこまでしなくても」と思っている。こうした方は、少しの家計改善も難しく、いつまで老後破綻せずに暮らしが保てるのか、客観的に見ても心配になります。

勤務医一家なのに貯金250万円
息子3人は全員医師になる予定だが…

 先日ご相談に来られた専業主婦のTさん(51)のご家庭も、収入が多いのにお金が貯められない典型的なケースでした。夫(55)は勤務医で、アルバイト収入なども含めると手取り月収は150万円ほどになります。それなのに現在の貯蓄は約250万円しかありません。住宅ローンも完済済みで、収入はすべて生活費と蓄えに使えるはずですが、ほとんどたまっていないのです。

 毎月の支出額を見ると、約130万円に上っています。多くの方は、どうしてこんなにお金を使えるのだろうと思われるでしょう。いわゆる「メタボ家計である」のは間違いありません。そしてそのほかに子育て、教育にまつわる支出やローン返済が多く、家計を圧迫していました。

 Tさんのお子さんは、医学部を卒業し医師として働き始めた長男(26)と大学浪人中の20歳の次男、私立高校に通う三男(高3)の3人です。子どもたちは全員医師にすると決めており、長男は浪人して医学部へ。次男も現在2浪中ですが、医学部を目指して予備校に通っています。次に失敗してもまた浪人をさせて医学部を受験させるとTさんは話します。三男も今、医学部への現役合格を目指し、必死に勉強中。毎日のように塾に通わせています。そして、生活時間が合わないからと、3人の息子には食費を含めて多めの小遣いを渡しているそうです。