10日の米株式相場は大幅反発。金融危機以降で最大となった前日の下落分を一部解消した。  ダウ工業株30種平均の終値は前日比1167.14ドル(4.89%)高の2万5018.16ドル。S&P500種指数は135.67ポイント(4.94%)高の2882.23、ナスダック総合指数は393.58ポイント(4.95%)高の8344.25で取引を終えた。  ダウ平均は寄り付き直後に1000ドル近く急伸したものの、その後は売られて正午までにマイナス圏に沈んだ。取引終盤にかけて再び買いが優勢となった。