グーグルが展開するもう一つのサービス、「グーグル翻訳」は、一部のビジネスパーソンの間で通常とは異なる使われ方をしている。単に、英語と日本語のフレーズを変換するだけではなく、「自分が考えたメールの文面や英会話の表現が正しいかどうかチェックするのに役立つ」(大手メーカー社員)という。つまり、自分の英語力をグーグル翻訳で診断しているのだ。

 グーグルを“ネイティブ”に見立てて練習を重ねれば、記者の英語が堪能になる日も近いだろう!

Key Visual by Noriyo Shinoda, Graphic:Daddy's Home