開業遅れは1日1億円の損失!?
約1兆円もの建設費用

 大江戸線は、1日開業が遅れると、1億円の損失となる。 12号線建設にあたり、ネックとなったのは1日当たり約9600億円もの莫大な建設費用である。建設費のうち東京都(一般会計)からの無利子貸付金が約2900億円、残りの約7000億円強が借入金である。

 借入金の利息は1日あたり約5700万円であり、開業すると1日の営業収益は約4500万円のため、合わせて約1億円。よって、1日早く開業すれば1億円の得となるが、1日遅れた場合、1億円の損失となる。

 大江戸線は先にも記した通り、オイルショックなどで一時は幻の地下鉄になりかけた。

 では、一体どのようにして経費削減を行ったのか? 完成後に利用している自分たちにとって一番目につく部分は、地下鉄のサイズではないだろうか。

 トンネルの断面を小さくすることで、掘削費用の削減につながり、総延長の長い路線計画ながらも着工に至ることができた(大江戸線は、地下鉄で日本一の営業距離を誇る)。

 車両も小型化するため、リニアモーター式が採用され、従来のフル規格の車両に比べて、急な曲線や勾配に強くなった。環状部開業では304両という大量の車両新製を一括発注することでも、経費削減を図ることができた。

 駅建設では、構内の高さやコンコースを従来より小さめにし、ホームも標準化を図ったうえ、可能な限り地下を浅くしコストを抑えたが、地下空間の利用制限があり、やむを得ず深い位置に建設した駅もある。

 出入口は周辺の公共施設や民間建築と合築することで、建築費用を削減した。これまで同様、地下に線路を敷設する際は、公園や道路下に建設し、用地買収費用が少なくなるルートを選定している。メインの車庫が、清澄白河駅より1km以上離れた木場公園下に建設されたのもこうした理由からである。

 環状部は長い距離ながら、一斉に建設工事を行い工期短縮することができた。

 このほか、コスト削減には色々苦労があったようだが、年々建設費用が高騰を続け、実際に開通するまでには莫大な費用がかかってしまった。

 しかしながら、通常通り地下鉄建設を行った場合、さらなる建設費用がかかったと考えると、この苦労は決して無駄ではないのである。