ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ソーシャルディスラプト最前線

【新連載】ソーシャル上の"評判"によって、
既存ビジネスの基盤は、いかにディスラプト(破壊)されていくのか

岡本彰彦 [Recruit Strategic Partners, Inc. 代表]
【第1回】 2012年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

ソーシャルで"評判"が正しく流通する
だからこそ業界をディスラプトできるサービスが誕生する

 ここでもうひとつ、ディスラプトの例を挙げよう。アメリカに「Redfin」というオンラインの中古物件仲介サービスがある。日本にもリクルートの「SUUMO」のような不動産情報サイトがあるが、Redfinはそれとは少し異なっている。

不動産業界のザッポスと呼ばれるRedfinhttp://www.redfin.com/home

 

 まず、アメリカでは全米の不動産物件履歴情報データベースであるMultiple Listing Service (以下、MLS)はプロの不動産業者でなくても、一般のユーザーでも一定の情報であれば閲覧が可能なことがあげられる(日本にも同様のデータベースがあるが一般ユーザーには公開されていない)。そのため家を買いたいユーザーは、さがそうと思えば仲介会社に依頼しなくても、ユーザーだけで気に入った物件を住所を特定して見つけることができる。つまり、鍵さえ手に入れることができれば仲介会社の案内がなくてもユーザーだけで物件の内覧までも可能なのだ。

 そのため、仲介会社に仲介手数料を全額支払うことに疑問を感じるユーザーも多かった。

 そこに着目したRedfinは、仲介業者を自社社員として雇用し、ほぼ電話だけでユーザーの物件購入をサポートする仕組みを構築した。もちろん物件の内覧にも同行はしない。そうすることで、取引が成立すれば仲介手数料の2/3をユーザーに返還するというサービスを実現した。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

岡本彰彦
[Recruit Strategic Partners, Inc. 代表]

株式会社リクルートの投資会社であるリクルートストラテジックパートナーズの代表取締役として、コーポレートベンチャーキャピタルファンドを活用し、日本のみならず、北米、東南アジアをはじめとしたグローバルな投資·事業開発活動を推進する。現職就任以前は、銀行、ベンチャーキャピタル、証券会社などでストラクチャード·ファイナンスや新事業開発に従事した後、2007年にリクルートに入社し、主に同社住宅カンパニーにおける事業開発の責任者とブランドマネジャーを担当。

ソーシャルディスラプト最前線

Facebook、Twitterといった、いわゆる「ソーシャルネットワーク」が日々の生活にかかせないもの、あえて言えば"必須のインフラ"となったことで「ビジネス」の変化が急激に進んでいる。
電力インフラの整備が、モータリゼーションの加速が、パーソナルコンピューターの普及が、かつてビジネスの変化を決定づけたように、いま現在、「ソーシャル」はビジネスにどのような変化をもたらそうとしているのか?
実際にソーシャルを使ったビジネスで急激に成長するサービスを紹介しながら、その変化の兆しを探っていく。

「ソーシャルディスラプト最前線」

⇒バックナンバー一覧