ベトナムで旅行者が気を付けるべき犯罪と防犯対策

ベトナム,シクロシクロは、風情を感じることができるおすすめの乗り物

・ひったくり、スリ
 ベトナムにおけるひったくりやスリでもっとも多いのが、バイクに乗って近づいてきて、カバンやスマートフォンを奪い去るという手口。昼夜問わず多数の被害が報告されています。スマートフォンは歩きながらの使用時はもちろん、ポケットに入れていてもひったくられるので、路上での使用は控えて鞄にしまっておきましょう。

 また、たすき掛けのバッグがむりやりひったくられ、引きずられるケースもあるので、リュックにするか、たすき掛けのバッグは体の正面に持ち、手で押さえながら歩くようにするなど対策を。

・詐欺、ぼったくり
 言葉巧みにポーカーなどに誘い、最初は勝たせて最終的には有り金すべてを巻き上げるカード賭博詐欺に要注意。町で親しげに声をかけてくる東南アジア人には絶対についていかないこと。

 また、桁が多いベトナムドンは、慣れるまでは使いこなすのが難しく、小さな商店での買い物で、実際は5万ドン(約250円)なのに50万ドン(約5000円)を要求され支払ってしまったというようなトラブルもよくあります。支払いの前に必ず桁数を確認するようにしましょう。

・タクシー、バイクタクシー、シクロ
 ぼったくりタクシー(いわゆる白タク)は特にハノイに多く見られます。大手タクシー会社に似せた車体や、メーターの隣にドライバーの顔写真がないタクシーは、メーターを改造したぼったくりタクシーの危険性が高いので、絶対に乗らないようにしましょう。

 現地で使えるスマートフォンがあれば、タクシー配車アプリ「Grab」を利用するか、ホテルやレストランで信頼できるタクシーを呼んでもらってください。

 バイクタクシーの数も多く、小回りの利く便利な交通手段ではありますが、値段交渉を自分で行う必要があり、万一交通事故に遭った際の補償もないため旅行者にはおすすめできません。

 ベトナム版人力車のシクロは、ホイアンやフエ、ハノイ旧市街などで観光用に乗車することができます。個人で乗る場合は値段交渉が必要なので、旅行会社を通して利用しましょう。

・交通マナー(原付)
 バイク社会のベトナムでは街を縦横無尽にバイクが走り回るため、道路を横断するのにもひと苦労。以前と比べると信号が増え交通ルールも整ってきましたが、一方通行をバイクで逆走したり歩道を走ったりと交通ルールを守らない人もいるので、注意は怠らないようにしましょう。

まとめ

ベトナムレトロな雰囲気がどこか懐かしさを感じさせるベトナムの風景

 ベトナム旅行の前に知っておきたい注意事項を挙げました。比較的治安のよいベトナムですが、起きやすいトラブルを事前に把握して旅を存分に楽しんでください。

※本記事の観光関連情報は2020年4月29日現在のものです。

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉2020年7月1日現在、ベトナムへの日本からの観光目的の渡航はできません。渡航についての最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。

◎外務省海外安全ホームページ
・URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ベトナム旅行の前に絶対知っておきたい「治安状況」と「防犯対策」

※本記事は『地球の歩き方』からの転載記事です。