バイデン
Photo:Drew Angerer/gettyimages

バイデン次期大統領が確定
まずはコロナ対応優先のかじ取り

 大統領選挙で選ばれた選挙人による投票が12月14日に行われ、民主党のジョー・バイデン前副大統領が次期大統領に正式に確定した。

 すでに主要閣僚人事などが進められ、環境問題重視や外交では国際協調路線への復帰など、トランプ政権との違いを打ち出そうとしているが、議会は、上院が多数の「ねじれ」になる見通しなど、必ずしも政策実行の基盤は強くない。

 当面は、新型コロナウイルスの感染防止や落ち込んだ経済の立て直しなどに注力する船出になる。

選挙人獲得は306人
大統領選は「辛勝」

 選挙人集会での投票結果は、選挙人数538に対し、バイデン氏の獲得数は306票、トランプ大統領は232票だった。

 300票超えというと、大台を超えた大勝との印象を持たれがちだが、実際は「辛勝」といったほうがいい。