2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(1/12から6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

リモートでの部下への声がけ<br />タイミングはこうしなさい。Photo: Adobe Stock

質問
 リモートワーク、部下をどうやって管理、育成すればいい?

 オフィスではいつも自分の目が届く範囲で部下が仕事をしていました。

 だから、声がけのタイミングもすぐに掴めました。

 ところが、リモートワークではいつどうやったらいいのか、さっぱりです。

 部下がちゃんと仕事しているのか、時々不安に襲われます。

回答
 部下の管理や育成、すべてGoogle で叶えられます

「返信の遅い部下に対して、知らず知らずのうちにトゲトゲした対応が増えてしまう」
「最近、部下とのやりとりが激減している気がする......」
「直接会えないのに、いったいどうやって部下の業務管理をすればいいんだ?」

 こんな深い悩みを抱えているリーダーに朗報です。

「対面型リアル」から「非対面型デジタル」へ大きく流れが変わった今、自分のマネジメント手法に違和感や疑問をいだいていませんか。

 あなたの直感は、きっと正しい。

 というのも、これまでとは環境が一変してしまっています。

 これまでうまくいっていた方法が、この先もうまくいくとは限らないからです。

 では、部下やチームメンバーと物理的に離れている状況でも、適切なマネジメントをするために、どんな新しい考え方や方法があるのでしょうか。

 そもそも、マネジメントというと、上司が部下を思いどおりに管理するイメージがありますよね。なにしろ「管理職」というぐらいですから。

 しかし、マネジメントとは「人が共同して成果を挙げる」ことが真の目的であり、管理は手段にすぎません。

 マネジメントは、人を活かす責任、そして組織に高い成果を挙げることに責任を持つものなのです。

 そこで、リモート管理を劇的に変える武器をお教えしましょう。次の3アプリです。

★やる気管理:【Google Classroom】
 Google Classroom (クラスルーム)は、文字どおり「クラウド上の教室」を意味する学習管理アプリです。Google とアメリカ国内の教育者が共同で開発しました。

 教師は Classroom を利用することで、課題の出題・採点・フィードバックを一元的にできます。

 教育向けのツールですが、一般企業でも、社員のやる気管理や新人研修に活用できます。これさえあれば、まるでチーム専用の「バーチャルオフィス」を手に入れたようなもの。課題、予定、ファイルなど、データはすべて「クラス」にひもづけて情報を集約できます。

 教師・生徒ともに、クラスのカレンダー や ドライブ から予定や資料を確認できます。

★安全管理:【Google アカウント】
 Google アカウントを作成するだけで、Google が提供するさまざまなサービスを利用できます。

 さらに、このアカウントというアプリ(正確にはアプリというべきかわかりませんが、アプリと呼ぶことにします)は、あなたが Google に預けている自分の情報、プライバシー、セキュリティをさらに強化したり、利便性を高めたりと管理できるスグレモノ。クラウドを安心して利用するためにも、安全な使い方を覚えておきましょう。

★タスク管理:【Google Keep】
 Google Keep(キープ) は、Google のビジネス向け多機能メモアプリです。

 Google Keep はモバイル活用にとても向いていて、音声入力、写真にメモを追加など、シンプルかつ直感的に活用できます。

「リマインダー」機能もあります。リマインダーとは、あらかじめ決めておいた仕事や予定に対して期限を設定しておくと、その期限に近づいたときにパソコンでは「ポップアップ」、スマホでは「通知」で、利用者に思い出させてくれる機能です。

 メモは記録するだけでなく、必要なときに活用できなければ意味がありません。

 Google Keep は、あらゆる端末でリアルタイムに必要な相手と共有できるため、ポスト・イットを相手のデスクに貼る感覚で、距離を超えて「些細なやりとり」を完了できます。

 さらに、メモだけでなく、チェックリストにもなります。

 ToDo リストは他社と共有できませんが、Google Keepは、チームで協働している業務を共有し、タスク管理として使えます。

 この3つの管理アプリを使って、リモート強者は、どのように新しいマネジメントを実現させていくのでしょうか。このたび、拙著『Google式10Xリモート仕事術』に、 Google 活用方法についてまとめています。ぜひご活用ください。

ps.今回、特別動画「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」をアップしました。ビジネスパーソンに即役立つ内容だけを凝縮しました(6回限定)。できたてほやほやです。ぜひご覧いただけたらと思います。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。