認知度の壁が関門
日本の土壌にフィットするか

 現段階ではオルタナティブ教育の認知度、および知名度がまだまだ低いようなので、選択肢に入れられていない世帯が多い。
 
 ただ、認知度は信頼性や安心感にもつながるものである。オルタナティブ教育の導入に両親の同意を得られなかったケースがあったが、もっと認知度が高ければ両親の反応は違ったであろうし、興味を持つ人はもっとたくさん出てくるであろう。
 
 ただし、日本とオルタナティブ教育が盛んな欧米では土壌が大きく異なっている点に留意したい。それぞれ尊重されるのが日本では“和”、欧米では“個”、であり、グローバル化が進んできて久しい今日でも、依然としてこの傾向はある。「少数派の道をわが子に歩ませるのはいかがか」と心配している親のケースに見られた通り、和を重んじる日本のお国柄にオルタナティブ教育がはたしてどれくらいフィットするのかという点が未知数だ(なお、協調性育成に特化したオルタナティブ教育もある)。
 
 また、オルタナティブ教育を受けた著名人の名を挙げることは、注目してもらうために一定の効果を上げるが、その著名人のキャリアが華々しすぎて「そんなに成功しなくていい」と思ってしまう人も出てくる。そもそもオルタナティブ教育は、「豊かな人格形成」を目標としているが、 “成功者育成機関”のように受け取られてしまう向きもある。
 
 オルタナティブ教育には実にいろいろな教育法があって、ほんの一部分を知るだけで興味深く感じられる。どれだけのスピードで認知が広がり、世の中から信頼を得られるようになるかが、これからの日本の教育現場への浸透度に直結していくであろう。