写真:パオさんと妻のエコー・レイさん、ルーカスちゃんの一家
パオさんと妻のエコー・レイさん、ルーカスちゃんの一家はニューヨーク市でアジア人に対する暴力に抗議する集会に参加した Photo: Erica Seryhm Lee for The Wall Street Journal(2); Echo Lei

 シリコンバレーで工業デザイナーとして働くベン・タンさんは1年ほど前、6歳の娘と公園内を歩いていた際に、若い男たちのグループにつばを吐きかけられた。

 この出来事に彼はいら立ちを感じた。20年前に中国から移住し、その後米国市民となった彼は、その間に米国内の人種差別を経験してきたが、身の危険を感じたことは一度もなかった。しかし彼は現在、子どもたちと一緒に歩く際に、一層の警戒が必要だと感じている。

 タンさんの転換点は、今年3月に銃を持った男がアトランタ周辺の3軒のスパで8人を殺害した事件だ。被害者のうち6人はアジア系女性だった。この事件を受けて彼は、「声を上げなければ、われわれの思いはだれにも伝わらない」との考えを強めた。