父親からの新型コロナ感染が多い子ども ワクチン接種は必要ないの? 小児科医が回答
写真はイメージです Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスのワクチン接種は、現時点では16歳未満の子どもは対象者から除外されています。第4波も心配されていますが、子どものいる家庭ではどんなことに注意して生活すればいいのでしょうか。また今後、子どもも対象になる可能性はあるのでしょうか。新型コロナとワクチン接種に関する疑問を、『ママとパパの赤ちゃんと子どもの病気・ホームケア事典』(朝日新聞出版)を監修した兵庫県立丹波医療センター小児科医長の岡本光宏医師に聞きました。

*  *  *

――そもそもなぜ、16歳未満の子どもがワクチン接種の対象者から除外されているのですか。

「新型コロナウイルスのワクチンは短期間で開発されたこともあり、現時点ではまだ子どもの治験(新しい薬の効果や安全性を科学的に調べるための研究)がありません。そのため、16歳未満の子どもはワクチン接種の対象者から除外されています」

――今後も子どもは対象外なのでしょうか。