処理水の海洋放出に中韓抗議、風評被害を抑える妙案はあるか
4月13日午前、原発処理水の海洋放出を決定後、報道陣の取材に答える首相の菅義偉。放出の決断に対し、中韓からは抗議の声が上がった Photo:JIJI

 東日本大震災による東京電力福島第一原発事故から10年。廃炉に向けた懸案の一つである処理水の処分について、政府は4月13日の関係閣僚会議で海洋放出の方針を決定した。決定後、首相の菅義偉は記者団に決断の理由を語った。

「原発の廃炉を進め、福島の復興を成し遂げるために避けて通れない課題だ」

 しかし、処理水の海洋放出に強く反対してきた全国漁業協同組合連合会(全漁連)会長の岸宏は直ちに抗議声明を発表した。

「極めて遺憾であり、到底容認できるものではない。強く抗議する」

 岸は4月7日、首相官邸で菅と会談したばかり。そのときも岸は「絶対反対の考えはいささかも変わらない」と菅に直接伝えていた。

 これに対し菅は「近日中に判断したい」と答えており、この時点で海洋放出を決断していたことがうかがえる。現に菅は周辺にこう語っている。