ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

20年後、今ある職業の半分はなくなる!
デジタルイノベーションの潮流
――デジタル化の進展が企業に及ぼす影響

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第22回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

 顧客との関係のデジタル化の潮流は、マーケティングITの新領域を形成し、販売チャネルや顧客との接点のあり方、企業や商品の価値訴求やブランディングの方法、顧客や声や市場の状況に関する情報収集の手法などに変革をもたらすはずだ。

 これらは、これまでのCRM(顧客関係管理)、マーケティング・データ分析、営業支援などに影響を及ぼすと考えられる。また、組織運営・働き方のデジタル化の潮流は、“Future of Work IT”という新領域を形成し、ワークスタイル、意思決定プロセス、人事・人材管理、コラボレーション環境などに影響を及ぼす。

 企業にとって、デジタルイノベーションへの取組みは、さまざまなビジネス課題を解決する手段であると同時に、新たな組織や業務のあり方を切り開く創造的なものでなくてはならない。

 業種・業界によってデジタルイノベーションがビジネスに及ぼす影響の大きさと、企業に大きな変革が求められる時期は異なるだろう。しかし、この流れが止まったり、歩調を緩めたりすることは考えにくい。すでにこのようなデジタルイノベーションの潮流の渦中にある企業もある。

 経営者は、新領域に対するスキル向上、個々人の意識改革を含む組織変革、採用やローテーションなど、人材戦略にも転換が求められることを念頭に置かなければならない。とりわけ人材育成とスキル転換には時間を要するため、長期的な視野でデジタルイノベーションに対応するための組織機能の拡張を計画することが重要となる。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧