映画で知る第2次世界大戦〈7〉
ヨーロッパでの戦い

 太平洋の島国に住む日本人にはその関係性が今一つとらえきれないことが多いように思える欧州戦域や大西洋での戦いですが、これらを描いた映画は数多くあります。戦いの全貌を理解するため、比較的史実に沿った内容の作品を中心に紹介していきます。

レジスタンス(対独抵抗運動)

 1940年5月10日にドイツ軍がベネルクス3国に侵攻し、西部戦線が開かれてから、44年6月6日にノルマンディー上陸作戦が行われ、翌45年5月7日にドイツが無条件降伏をするまで、占領下にあった各国では対独抵抗運動が繰り広げられました。

 早々に降伏したオランダでは、王家はロンドンに亡命しますが、国内では熾烈な抵抗運動が繰り広げられておりました。レジスタンス組織内の暗部を描いた「ブラックブック」でも有名なポール・バーホーベン監督のオランダ時代の代表作が「女王陛下の戦士」。抵抗運動に身を投じたライデン大学生の過酷な運命がこれでもかと写しだされます。

 西部戦線が開かれる1ヵ月前の4月9日、早々に降伏していたのがデンマーク。「誰がため」は、解放前年に対独協力者を暗殺するレジスタンス2人が主人公です。同朋を何のために殺害しなければならないのかという苦悩と悲劇的な最後。これもまた、実話に基づいた作品です。

 占領下のフランスでの抵抗を描いた作品は数多くあります。

 もし1本だけ見るなら、「影の軍隊」がお勧めでしょう。ジャン・ピエール・メルヴィル監督自らのレジスタンス体験も色濃く反映した傑作です。常にゲシュタポの影に怯えながら、黙々と任務を遂行する闘士たち。舞台となっている1942年は、まだ北アフリカへの連合軍の上陸もなく、ひたすら強大な敵と戦い命を落としていく彼らの戦いを実に重厚に描きます。ロンドンで、ド・ゴールの指示も仰ぎながら戦うレジスタンス組織「フランス国内軍」(FFI)の様子も垣間見えます。

 同じ監督の「海の沈黙」はレジスタンス文学の代表作を映画化したものです。例え個人的にどんなに好青年であっても、彼がナチスの軍服を着ている以上、けっして心を許すことなく沈黙をもって接する老人と姪。終戦の翌々年に撮られた本作は、さまざまな抵抗の姿を示しています。

 レジスタンスとは復讐でもあります。「追想」は妻と娘をナチスに殺された医師の壮絶な復讐の物語。炎上する田舎の古城にやり場のない怒りが舞い散ります。

 水陸両用作戦であるノルマンディー上陸戦の前哨戦として、ドイツ軍の補給路を断つため、鉄路を分断する空爆やレジスタンスによるサボタージュ(破壊活動)が行われました。「鉄路の闘い」は、実際にレジスタンスとして戦ったフランス国鉄の人々も出演したドキュメンタリー調の作品です。終戦直後につくられ、上映翌年、カンヌ国際映画祭第1回グランプリを受賞しました。

 パリの街を歩いていると、至る所でレジスタンスの痕跡を目にします。ルクレール将軍がド・ゴールらとパリ入城を果たしたオルレアン門の隣のトラムの停留所には、レジスタンスの英雄であり、拷問死したジャン・ムーランの名前が冠されています。この付近には、レジスタンスを支援した英国諜報機関「特殊作戦執行部」(SOE)のアジトもありました。戦後70年近くを経ても、抵抗運動を忘れないという意思を強く感じます。

 第三帝国を滅ぼした女たちという副題がつく「レディ・エージェント」はアイドルとして一世を風靡したソフィー・マルソーが凄腕スナイパ-を演じる気合の入った一作です。SOE支援下、女性だけの特殊部隊がノルマンディー海岸を調べていた地質学者を救出、上陸作戦を察知したドイツ軍大佐を暗殺するといった熾烈な任務を遂行していきます。上陸戦前の数週間を描いた物語だけに、半端ない緊迫感に溢れています。驚いたことに、主人公は実在の人物だとか。

 最後に、圧倒的なナチス支配下のドイツ国内でも、抵抗運動に身を投じた人たちがいました。中でも、学生ながら反ナチ文書を配り、ギロチンで斬首されてしまったゾフィーとハンスのショル兄妹らによるミュンヘン大学「白バラ」運動の記憶は受け継がれています。彼らが処刑されたのは1943年2月のこと。「白バラは死なず」「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を見比べてみてください。

女王陛下の戦士 Soldaat van Oranje 1977オランダ
[監督]ポール・バーホーベン [主演]ルトガー・ハウアー、ジェローン・クラッベ
誰がためFlammen & Citronen 2008デンマーク
[監督] オーレ・クリスチャン・マッセン [主演] トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン
影の軍隊L'Armee des Ombres 1969仏
[監督] ジャン・ピエール・メルヴィル [主演] リノ・ヴァンチュラ、シモーヌ・シニョレ
海の沈黙 Le Silence de la mer 1947仏
[監督] ジャン・ピエール・メルヴィル [主演] ハワード・ヴェルノン、ニコール・ステファーヌ、ジャン=マリー・ロバン
追想Le Vieux Fusil 1975仏
[監督・原作] ロベール・アンリコ [主演] フィリップ・ノワレ、ロミー・シュナイダー
鉄路の闘いLa Bataille du Rail 1945仏
[監督]ルネ・クレマン [主演] トニ・ローラン、リュシアン・ドゥザニョオ
レディ・エージェントLES FEMMES DE L'OMBRE  2008仏
[監督]ジャン=ポール・サロメ  [主演] ソフィー・マルソー、ジュリー・ドパルデュー
白バラは死なずDie Weiße Rose 1982西独
[監督]ミヒャエル・ヘルホーファン  [主演] レナ・シュトルツェ、ウルフ・ケスラー
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE 2005独
[監督] マルク・ローテムント  [主演] ユリア・イェンチ、アレクサンダー・ヘルト、ファビアン・ヒンリヒス

軍事技術・戦術におけるイノベーション【4】<br />水陸両用作戦〈米国海兵隊編〉