創続総合研究所
会社にお金を残す節税対策
【第4回】 2007年10月25日
著者・コラム紹介 バックナンバー
高橋敏則 [公認会計士、税理士]

節税対策は早め早めに時間をかけて念入りに

 だって、「損益計算書(PL)上で利益が出ているか」なんて目先の資金繰りにはあんまり関係ないことですよね。

PLで利益が出ているのに、「税金を払うための現金が手元にない」なんていうこともあり得ます。

 「そういえばあの年は決算で黒字が出てたけど、えらい資金繰りには苦労したな……」なんて、これまでの経験で思い当たる節はありませんか?

 手元に現金がなければ赤字と同じです。

 いや赤字よりかえって悪いかもしれない。

黒字だったら法人税がかかっちゃいますから、税金払うためにお金を借りるなんていうことになりかねない。

それでは、何のために黒字にしたのかわからなくなってしまいます。

 だから現金収支が大切なんですよね。

 現金収支が大切だってことは、つまり、ちゃんと会社にお金を残しておく必要があるわけでしょう。

 会社にお金を残すために税金のことをきっちり知って、払うべきものは払うけど、払う必要がないものは払わないようにしないと。

 これをかっこいい言葉でいえば、

 「会社の財務体質を強くする」

 っていうことになるわけです。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

高橋敏則 [公認会計士、税理士]

1956年、千葉県生まれ。中央大学商学部卒業。79年、公認会計士二次試験合格後、外資系会計事務所、監査法人を経て独立し、高橋会計事務所を開設、現在に至る。中小企業の経理・財務・税務の指導を行うほか、相続税コンサルティングに従事。各種セミナーの講師としても活躍中。

 


会社にお金を残す節税対策

税理士まかせじゃ節税できない。稼いだカネは自分で守れ!この方法なら、税金はまだまだ減らせる!課税売上高が引き下げられた消費税対策にも完全対応。

「会社にお金を残す節税対策」

⇒バックナンバー一覧