食生活の改善、ストレス・睡眠不足撃退…
ごく普通の健康的な生活がカギに

 一般人である私たちは、腸内フローラをどう意識し改善すればよいのだろうか。腸内ではいわゆる善玉菌と悪玉菌が激しい生存競争を繰り広げている。単純に考えれば、善玉菌を優勢にし、そのバランスを維持できればよい。

 そのためには肉食過多の食生活を改め、ジャンクフード類は控えめにし、バランスのとれた食事でビタミン・ミネラル・食物繊維を十分に摂るといった、ごくごく普通の健康によい生活を送ることが一番だ。むろん過度のストレスや睡眠不足も大敵である。しかしそのような普通の健康的な生活が大半の社会人にとって難しいからこそ、生活習慣病や心の病、慢性疾患に悩む人が多いことは想像に難くない。

 ではどうすればいいのか? 発酵食品やサプリメントを摂ることで、善玉菌やその活性化に必要なオリゴ糖を体内に取り入れることは可能だし、腸内フローラの調整には有効な手段だ。これらの食品は昔から身体によい、お通じに効くとされてきたもので、日常的に摂っている人も多いことだろう。

 ただ、腸内フローラの研究によるブレイクスルーが訪れるのはまだ先のことだろう。それまではなるべく健康的な生活を心がけ、発酵食品やサプリなどを適度に摂りつつ、自分の腸内環境に思いを馳せるしかなさそうだ。

(工藤 渉/5時から作家塾(R))

参考URL:

腸内フローラについて(光英科学研究所)
http://www.koei-science.com/gut-flora.html

NHKスペシャル(腸内フローラ)
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0222/