胃がん

概要

胃がんとは、胃の粘膜にできる悪性腫瘍のこと。かつては臓器別がん死亡者数・患者数が1位だった。胃がんの原因として代表的なのが、ピロリ菌感染で、近年はピロリ菌治療薬の台頭や内視鏡検査・手術技術の発達で、胃がん全体の罹患数や死亡数は減少傾向にある。

「胃がん」の記事の著者

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP