アシュリー・ウォード

アシュリー・ウォード(Ashley Ward)。英国ヨークシャー出身。シドニー大学の動物行動学の教授。ナンキョクオキアミから人類を含む哺乳類まで、動物行動の研究を積み重ねてきた。科学雑誌に100以上の論文を発表し、多くの学術書に引用されている。子どもの頃から動物に夢中になり、川で釣りをしたり、丸太の下を覗いたり、渓流で化石を探したりして過ごす。本書の元にもなったオーディブルオリジナル『THE SOCIAL LIVES OF ANIMALS』は、英国での宣伝が全くなかったにもかかわらず、2週間にわたってAudibleのチャートでトップを記録している。

洞窟で冬眠から目覚めたばかりのコウモリの頭蓋骨をクチバシで破り、汁気の多い脳を食べる「すごい鳥」とは?
オリックスやガゼルの赤ちゃんをまるで「我が子」のように世話をする…「草食動物」を育てる驚きの“雌ライオン”の意外な真実とは?
酒を飲むのが好きなベルベットモンキーの飲酒行動、人間の手から強引に食べ物を奪い取るヒヒの末路…奥深い動物の生態がたっぷり詰まった記録
獲物に静かに近づき、メスのような歯を脇腹に食い込ませ、皮膚を切り裂き、吹き出た血液を貪るように飲む…「吸血コウモリ」に襲われた動物の悲惨な結末とは
【マンガ】大きなクジラに飲み込まれそうになりながら、超高速移動で見事に回避する…この世界に「モブキャラ」なんていないことを教えてくれる「氷の世界の謎の生物」とは?
人気予備校講師が「この本、むっちゃ面白いから毎日気晴らしに少しずつ読んでるんだけど、一番驚くのが700ページ超で本体2000円。今の時代にこれは価格破壊なのでは?」と投稿しSNSで大反響となった一冊とは?
散歩中にミツバチに襲われ、全身から「2443本のハチの針」を摘出、さらには運悪くワニが現れ、愛犬がさらわれる…「世界一ミツバチに刺された男」の悲惨な結末とは
老兵は前線で犠牲になり、兵隊は女王を守るために「自爆」する…何百万年も果てしなく続くアリとシロアリの“あまりにも苛烈な戦い”とは
欲望を満たすために狩猟し「命」を奪う…アフリカの「トロフィー・ハンター」に狙われた野生動物「ビッグ5」の悲劇
あらゆる動物の中で“最も古くから”人間と親しく、遺跡を発掘すると「飼い主」とともに葬られている…肉食獣「オオカミ」はどのように「犬」になったのか?
相手が倒れても石で殴り続ける、誘拐、殺し、共食いの観察例も…暗い一面を持つ「チンパンジー」に捕まった子どもの悲劇的な最期とは
凶暴化して攻撃的になり、近くにいる者すべてを犠牲にし、何十頭ものサイを殺す…「象」が引き起こす大虐殺の真相とは
エイをピザのように分け合い、アザラシを氷から叩き落とし、世界最大の「ホホジロザメ」を催眠状態にして葬る…「シャチ」に襲われた動物の無惨な最期とは
硬い甲羅のカメを噛み砕き、シマウマを30分で食べ尽くす…“ボーン・クラッシャー”「ハイエナ」に襲われた動物の悲劇的な最期とは
川に落ちた哀れな牛を骨になるまで食い尽くす…“世界でも最も恐ろしい動物”「ピラニア」の思いがけぬ天敵
  • 1
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP