食費や買い物代のカットに役立つ方法(「定年後のお金と暮らし2017」より)

通信費はまずは料金プランを見直す!
格安スマホも選択肢のひとつ

定年後のお金と暮らし2017(週刊朝日ムック)
朝日新聞出版
定価:780円(税込)

 物価が下がるデフレ傾向が続く中、逆に上がり続けているのが、スマホやインターネット接続などにかかる通信費です。この分野は日進月歩で技術革新が進み、新しいしくみやサービス、料金プランを利用することで、コストを下げられます。

 たとえば、大手携帯キャリア会社のスマホを格安スマホに変えるだけで、月8000円以上かかっていた料金が2000円程度ですむケースもあります。

 また、料金体系も常に変化しており、利用状況にマッチしていないプランを続けていると損するケースも。心配なら携帯電話会社の窓口で、自分に合っているかを診断してもらい、プラン変更や使っていない有料オプションの解約を検討しましょう。

 ただし、契約やプランの変更には、いわゆる「2年縛り」の契約期間により、時期によっては解約料を取られる場合があります。解約料と新契約によるメリットを比較して決めましょう。

省エネ家電でコストダウン。
電力・ガス自由化によるメリットも

 通信費同様、光熱費も固定費なので、一度見直すと節約効果が持続します。まず、家電製品の省エネ性能は年々アップしているため、15年前から使っているエアコンや冷蔵庫を新しく買い替えるだけで、消費電力が抑えられ、電気代は安くなります。

 また、2016年4月から電力自由化がスタート。ガス、電鉄などの異業種も参入して、契約会社を選べるようになりました。選ぶ会社によっては電気代が安くなる可能性がありますが、条件をきちんと確認して契約しないと、逆にトータルでは高くなる場合もあります。

 17年春にはガスの自由化も予定され、選択肢が増えそうです。比較サイトなどで比較検討しましょう。なお、明細書発行の有料化も進んでいるので、細かいコストにも要注意です。

食費、買い物は、衝動買いを控え計画的に。
友の会やポイントも強い味方!

 外食が多いと費用もかさむので、その回数を減らせば当然コストダウンは可能です。デパ地下やスーパーの総菜なども控え、きちんと自炊をすれば、それだけ費用は浮きます。ただ、まったく外食をしないのも味気ないので、ここぞというときにはぜひ出かけましょう。中途半端な店やファミレスは避け、きちんとしたレストランを選ぶなど、メリハリをつけるのが肝心です。

 食材の調達は計画的に行うとロスが少なく、節約になります。有効なのがネットスーパーの利用。買い物に行くとつい買い過ぎてしまいがちですが、ネットなら冷蔵庫の在庫を確認しながらムダなく注文でき、価格的にも遜色ありません。

 買い物の際は、必要なものを必要なだけ買うようにします。夜中の通販番組でいらない健康器具やサプリメントをつい注文してしまうという人は要注意! なお、持っている洋服や小物などを定期的に点検し、衝動買いやダブリ買いは避けましょう。また、割引価格で買える各種制度も上手に活用したいものです。(構成/塩田真美)

※週刊朝日MOOK「定年後のお金と暮らし2017」より

dot.より転載