自覚症状が疑われる、健康診断を受けていない、健診結果を忘れてしまった人などは、下記の糖尿病予備軍度チェックを試してみてください。当てはまる項目はありませんか?

 ・標準体重よりも体重がオーバーしている
 ・甘い物が好き
 ・脂っこい物が好き
 ・濃い味付けが好き
 ・白米や麺類などの炭水化物が好き
 ・食事時間が不規則
 ・お酒をよく飲む
 ・野菜をあまり食べない
 ・家族や親戚に糖尿病の方がいる
 ・運動をしていない

 5つ以上当てはまる人は、「糖尿病予備軍」、つまり、血糖値が少し高めの糖尿病の一歩手前の状態です。今のままの生活習慣を続けると将来糖尿病になる可能性がありますので、今から生活習慣を見直し、改善をしていきましょう。

日々の食習慣で押さえるべき3つのポイント

 血糖値が高めの人は、血糖値の乱高下を防ぐことが大切です。これらは食事の習慣でコントロールできるので、予防・改善の3つのポイントをご紹介します。

(1)1日3食規則正しく食べる

 食事と食事の間隔を空け過ぎず規則正しく食べることが血糖値コントロールの第一歩です。仕事などで夜ご飯が遅くなってしまう人は、夕方に野菜スープやおにぎりなどの栄養が摂れる捕食を取り入れて、帰宅後のご飯は軽く済ませましょう。

 朝食を食べないことも血糖値の乱高下につながりますので、今まで朝食を食べていない人はおにぎり1つでも良いので、まずは何か口にすることから始めていきましょう。