ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

「ボトムアップ」の合意形成と
「トップダウン」のスピードは両立できる

――デジタル・ワークプレイスが企業と社員にもたらすもの(2)

安間 裕 [アバナード株式会社 代表取締役]
【第24回】 2017年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 「AIやBot」が活躍する世の中では、人材の活用がさらに重要度を増します。「人間でしかできない業務に人材を注力させること」は、「人間としての活躍するべき場の選択」の重要性につながることは言うまでもありません。

 グローバリゼーションが、どこの企業にとっても最重要課題である中、国をまたいで、「活躍するべき場」を見つけ出すことは、国内に閉じていたこれまでにも増して、困難なことです。

 だからこそ、勘に頼らず、適切な「場」を見つけるのにデジタルの助けを借りることは、必須なことなのではと思います。

ボトムアップ型の意思決定支援
突然変異型アイデアの創出

 デジタル・ワークプレイスは、企業内、企業間のコミュニケーションを活性化します。

 よく日本の「ボトムアップ型の意思決定」と、欧米の「トップダウン型の意思決定」のどちらが優れているかなどの議論を耳にします。

 「ボトムアップ」は「トップダウン」に比べ、意思決定に時間を要し、スピード経営が何よりも重要とされる現代においては、適していないのではとの声も聴きます。

 一方で、「ボトムアップ」は、形骸化され陳腐なものでない限り、その仕事の目的や意義などの共有がしやすく、ゴールへの推進力は間違いなく大きいと思います。

 欧米ではしばしば「どうしてこれをしなくてはいけないのか」と言う質問に対し「上の命令だから」という強制力により、推進力を得ようとします。

 私が外資系企業で勤め始めたころ、はじめて「不服従」というビジネス単語を聞き、とても驚いたのを記憶しています。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

安間 裕
[アバナード株式会社 代表取締役]

団体系保険会社、外資系商社を経て、1998年にアクセンチュアに入社。その後外資系広告代理店を経て2001年に再度アクセンチュアに入社、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズの設立に携わり2002年8月に同社代表取締役社長に就任。2009年アクセンチュア執行役員アウトソーシング本部長、2010年執行役員ビジネスプロセス・アウトソーシング統括本部長を歴任。副社長としてフューチャーアーキテクトの経営に携わった後、2014年4月にアバナードに入社。1982年明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒。1959年生まれ。

ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える

IT業界のフロントランナーである筆者が、日本企業の経営やビジネスの最前線で働く人々に向けておくる連載第2弾。昨今のITで起きていることを、いわゆる「Buzz Word(はやり言葉)」としてではなくビジネスの言葉で解説。客観的データを基にした冷静な分析で、今日から仕事への意識を変えられるヒントを提供する。

「ヒントはここにあった!先端ITで日本企業の未来を変える」

⇒バックナンバー一覧