死に至る病ではないが
死ぬほどの苦痛

 増減傾向は不明だが、誰でもかかりうる身近な病気であることは確かである。アニサキスは寄生虫の一種で、アニサキス食中毒はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類の内臓に寄生したアニサキスの幼虫によって引き起こされる。幼虫は白い糸のような形状で大きいものは長さ3cm、太さは1mmと、肉眼で確認できるサイズだ。宿主である魚が死ぬと内臓から筋肉に移動する習性を持っている。

 生、もしくはそれに近い状態で魚介類を食べた後、胃腸にこれまでに経験したことのないような痛みを覚えた場合は病院へ直行したほうがいいだろう。アニサキス幼虫は人間の体内では数日しか生きられないが、それまでの間に暴れまくるのだ。死に至る病ではないのに死ぬほどの苦痛を味わうことになる。

 宿主である魚介類から離れたアニサキス幼虫は胃壁や腸壁を刺して中に入り込もうとする。急性胃アニサキス症では、食後数時間後から十数時間後に、みぞおちを何かに刺されているような激しい痛みを感じ、悪心、嘔吐も伴う。アニサキス幼虫が胃より先の腸に侵入した急性腸アニサキス症の場合、食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部に痛みや腹膜炎の症状が出る。なおアニサキスによる食中毒の多くが前者の急性胃アニサキス症である。

 急性胃アニサキス症への対処は、胃内視鏡の検査で胃粘膜に入った幼虫を見つけたら「鉗子(かんし。ハサミのような手術器具)で摘出する」というシンプルなもの。急性腸アニサキス症では幼虫を直接摘出することが難しいため、とりあえず痛みをやわらげるといった対症療法が試みられる。幼虫が死んで体内に吸収されるか便とともに排出されるのを待つのだ。