サイズ表記だけで洋服を選ぶと
必ず失敗する

 皆さんは、サイズ表記のS・M・Lだけで判断して、洋服を選んではいませんか?

 実は、サイズ表記による洋服選びは、失敗する確率が非常に高い。メーカーによってS・M・Lのサイズの基準は全く違うからです。自分は中肉中背だから、どこのお店でもMを選ぶ…この考え方は、実はとても危険なのです。メーカーによって、丈の長さ、袖の長さなどはさまざまなので、必ず試着して確認をする必要があります。

 どんな方でも数枚くらいは、サイズ選びに失敗をし、着こなせずにクローゼットに眠っている洋服があるのではないでしょうか?今では通販でも、サイズの失敗がないように肩幅の長さなども載せるようになりましたが、それでも実際に着てみなければ判断は難しいです。一口に「中肉中背」と言っても、人によって体のバランスは全然違うのです。

 イメージしてみてください。もし皆さんが「素敵」「カッコいい」「似合っている」と言われたら、必ずその服を着るはずです。決してクローゼットに眠ったままにはなりませんよね。そう、洋服は確実にモチベーションに影響するものなのです。

 だからこそ、プロである店員さんの話を聞き、本当にその服は似合っているのか、自分の持っている服に合わせられるのかを確かめる必要があるのです。面倒がらずに、じっくり時間をかけて選び、必ず試着をするようにしましょう。今まで、買い物で失敗した経験の多い方は、選び方に問題があったのかもしれません。