世界初!日本発の
抗菌・抗ウイルスガラス

 特に、可視光下ですぐれた抗菌・抗ウイルス活性を示す光触媒材料として、酸化チタンと銅イオンクラスターを組み合わせた材料が開発されています。

 さらに、驚くべきことに、銅イオンの価数(元素の原子価を表す数値)をコントロールすることによって、光のない暗いときにも抗菌・抗ウイルス活性を発揮させることのできる材料ができており、この分野のブレイクスルーのひとつとして注目されています。

 実験室レベルでは、ガラス面に付着する感染力のあるウイルスが光の当たらないところでも、1時間で4桁(99.99%)減少、可視光を当てた場合には7桁以上のウイルスが不活化することがわかっています。

 こうしたすぐれた効果が確認されていることから、病院や介護施設、保育施設、公共施設など衛生的な環境が求められる場所への導入が進むものと期待されています。

 製品としては、日本板硝子の「ウイルスクリーン」が世界初の抗菌・抗ウイルスガラスとして発売されています。

 さらに、このタイプの新しい光触媒はガラスのみならず、ドアの取っ手や手すりのように、不特定多数の人間が触れる感染拡大のリスクが高いところへと応用が進んでいくでしょう。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。
 本書には、その基本から最新事例まで140点以上の図表と写真が掲載されています。ぜひご一読いただければと思います。