ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スライドでわかる!「×(かける)マーケティング」集中講座

日本ブランドのグローバル戦略に
必要なのは「原点回帰」

変わり続ける「戦術」と変わらない「本質」

山崎浩人
【第2回】 2012年2月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 しかし、このような変化はあくまで「戦術」や「手段」の話です。インターネットやソーシャル・メディアを使うことは目的ではなく、あくまで手段であるはずです。変化の大きな戦術や手段にどうしても目を奪われがちですが、こうした戦術も「変わらない本質があればこそ」といえます。変化の激しい時代だからこそ、もっと根本的な企業の本質、ブランドが提示すべき付加価値において、逆に原点回帰が必要になっているのだと感じます。

 こうしたマーケティングの「変わった点」「変わらない点」の識別は、まだまだ認識が充分ではないと感じます。両者を混同して同じレベルで考えてしまったり、「変わった点」だけに意識が向いてしまう場合もあるでしょう。

 そんなときこそ、企業はもちろん、これからの時代を生き抜こうとする個人の方にも「セルフ・プロデュース」の一環として、自分自身の価値観や強みを深く見つめ直し、何が「変わった点」で、何が「変わらない点」なのかを再認識していただきたいと思います。そこから今後の戦略、さらに戦術を組み立てるヒントがきっと見つかるはずです。

 次回は時代の変化の象徴ともいうべき「デジタル」や「ソーシャル・メディア」に対してアプローチし、そのなかで「変化した点」「変化していない点」を客観的に判別していきたいと思います。時代の変化にむやみに惑わされず、本来あるべき自らの成長戦略を描けるようになっていきましょう。

■Information

山崎氏Twitterアカウントはこちら @hiroto_yz


 

previous page
7
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

山崎浩人


スライドでわかる!「×(かける)マーケティング」集中講座

数々の先進的マーケティング手法と事業の開拓を手がけてきた筆者が、「ソーシャル×ブランディング」の視点から、個人と企業、社会のこれからの成長モデルを解き明かす。インフォグラフィックス(スライド)を豊富に用いた次世代マーケティング (Marketing3.1)講義。

「スライドでわかる!「×(かける)マーケティング」集中講座」

⇒バックナンバー一覧