5年遅らせると
42%も年金が増える!

 繰り下げのメリットは、本来の年金額よりも増えること。受給開始年齢を遅くしても、年金額が増えるので、損益分岐点を超えて長生きするほどおトクとなる。70歳までの間に自由に選択できるので、68歳まで繰り下げるといったことも可能だ。

 仮に65歳から受け取れる老齢厚生年金と基礎年金の合計額が200万円で、70歳まで両方繰り下げしたとすると42%(0.7%×12ヵ月×5年)増額になり、70歳から受け取る年金は200万円×1.42=284万円となる。増額分は年84万円、1ヵ月あたり7万円は魅力的に映る。

 デメリット、というより注意点もある。日本年金機構のHPには「老齢厚生年金繰り下げ支給にかかる注意点」として10項目が掲載されている。いずれの項目も法律上や手続き上の注意点である。細かいことばかりであるが、選択する前に確認したい。

 その他に、「繰り下げ」の注意点を私なりに考えてみた。検討する上でぜひ知っておいてほしい。

 最大の注意点は、手取り額は額面の年金額に比例して増えないことである。年金額が増えると税金も社会保険料も増える。公的年金は税金の分類では「雑所得」にあたる。年金収入から「公的年金等控除額」という一定の非課税枠を差し引き、残った分が雑所得だ。

 現在、多くの自治体では「所得」に対して国民健康保険や介護保険の保険料がかかるようになっている。このため、年金額が増えるほど雑所得は多くなり、2つの社会保険料も高くなる仕組みなのである。

 拙著『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65』に掲載するために「年金の手取り額早見表」を作った。その表をもとに繰り下げ受給の効果を検証してみる。