ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

直近決算の営業利益予想が昨年比2倍増&上方修正!
石川祝男社長に聞くバンダイナムコHDの強さの理由

石島照代 [ジャーナリスト]
【第26回】 2012年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

石川:一方、コンテンツ部門ですが、業務用ゲーム(いわゆるゲームセンター用筐体)は「鉄拳 タッグトーナメント2」、クレーンゲーム用筐体「クレナフレックス2」の売り上げが好調でした。

 家庭用ゲームは人気シリーズの新作「テイルズ オブ エクシリア」(76万本)、「機動戦士ガンダムEXTREME VS.(エクストリーム バーサス)」(55万本)、「AKB 1/48 アイドルとグアムで恋したら…」(41万本)が人気でした。映像音楽コンテンツに関しては「機動戦士ガンダム UC(ユニコーン)」、「TIGER&BUNNY」などが好評を博しました。

石島:仮面ライダーは、お父さんとその子どもの両方が楽しめるコンテンツとして、世代間継承がうまくいっているケースのひとつですね。任天堂の「マリオ」シリーズもそうですが、複数の家族構成員に支持されることも人気コンテンツになる要件のひとつなのでしょうか。

石川:仮面ライダー人気はここ数年くらいで急激に盛り上がった感がありますが、確かに世代間継承効果も含まれているでしょう。下記のグラフは弊社の主要な人気キャラクターのキャラクター別売上ですが、仮面ライダーの伸びは際立っている。「お父さんも子どもも知っているヒーロー」というのは確かに重要な要素かもしれません。

 そして、このライダー人気は、グループの横連携も効果を発揮しています。1つのアイテムを核に、玩具、玩具菓子、アパレル、カプセル玩具などトイホビー商材に加え、ゲームソフトやアミューズメント施設など、グループ全体を横断して連携をはかっています。この横連動が、今のバンダイナムコの強みの1つです。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧