99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

9codeを使えば
優秀な新人は一瞬で見抜ける

 大学生の就職活動が解禁になってから約2ヵ月。
 大企業は既に始まっていますが、中小企業となると、これから始まるところ(もしくは真っ最中)のところも多いのではないでしょうか。

 いまの就活市場はまさに、超売り手市場。
 企業は人手が足りないと嘆いているところも多いと聞きます。
 しかし、企業だって、誰でも採用すればいいというわけではありません。
 常識もあって、未来を託すことのできる優秀な社員が欲しいと思うのは、経営者なら誰もが思うことです。

 超売り手市場なので、最近は採点基準を甘くして採用するという話が聞こえてきますが、私はそれに反対です。

 正式に社員とするならば、やはり将来有望な人材をしっかりと確保することが、会社の未来にも直結するからです。

 妥協しての採用は、妥協した未来しか生みません。
 社員なら、妥協して5人採用するよりも、真に優秀な人財だけを見極め1人か2人採用するほうが会社の未来にとっては有益です。

「じゃあ、どうやって、その真に優秀な一人を見極めるの?」

 という疑問を持つでしょう。
 でも、ご安心ください。
 今回は、9cdoe(ナインコード)を使って、その悩みを一気に解決するお話をします。

 さらに、
「そもそも会社説明会に人が集まらないから、優秀な人材をチョイスするという次元でもない」

 という方にも朗報です。

 実は、その年の学生たちの9codeによって、心に響く言葉が違うのです。

 売り文句が的外れな企業には、学生は集まりません。
 しかも、内定を挙げても辞退する人もいるでしょう。
 その対処法もお話ししますので、ぜひ最後まで見てくださいね。