外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

スイートルームに泊まるお金持ちが手にしていたのは
あり得ないはずの財布だった!

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 ホテルによって違いはあるが、エグゼクティブフロアとは、スイートルームだけのフロアのこと。つまり、ゲストは「超」がつくほどのお金持ちばかりなのだ。必ずしもとは言えないが、やはり利用する部屋の料金が上がれば上がるほどお金持ちのランクが上がる。
 今日、ボクは西条マネージャーから、体調を崩して突然休んだ同僚スタッフの代わりに常連のお客さまの対応をまかされた。
「助かるよ。で、早速なんだが、そのお客さまが先ほど到着されたから、すぐに頼む!」

 ボクは、すぐさまお客さまの基本情報や過去のリクエスト、嗜好などが書かれたチェックインシートを確認し、常連さまの情報を頭に入れた。シートに書かれた情報によると、お名前は雨宮さま。年齢は60歳。百貨店の社長で、定期的にご夫婦でホテルを利用されている。
 シートに記されたマークで、今日は奥さまのお誕生日に合わせてのご宿泊だとわかった。

 チェックインシートはよりよいサービスのためにスタッフ間で共有され、毎日更新されるのだが、そこにはいくつかの記号が記されている。それによって職業がひと目でわかるようになっているのだ。このような記号がズラッと並ぶのも高級ホテルならではだ。もちろん、ご主人の欄にもエグゼクティブであることがわかる記号が記されている。
 ボクには、顔を覚えていつでも名前で呼ぶことができるようにしておく必要があった。
 もちろん、これはすべてのお客さまに対しても同じことだが。

 今回は奥さまの誕生日なので、ホテルからのおもてなしとしてバースデープレゼントやメッセージを用意するのだ。お客さまによってはサプライズでお届けをすることもあれば、チェックインまでにお部屋に置いておくなど、渡し方にいくつかの方法がある。プレゼントはケーキなどのスイーツやワインなどが多いが、好き嫌いやアレルギーの事情もあるので過去の履歴から調べておくことが必須となる。

 しかし、今回は過去の履歴が見当たらず、担当するはずだったスタッフとも連絡がつかなかったので、時間的なこともあり、これまで培った自分の勘に頼るしかなかった。ボクは、お客さまとの会話でさりげなくご意向を確認してから用意することにした。