この時、高木のライバルとして陸軍の軍医総監を務めていたのは森鴎外(もり・おうがい)。文学者として高名な人物だが、同時に、東京帝国大学出身のエリート軍医として君臨していた。彼は「脚気 細菌説」をかたくなに支持しており、栄養説を唱えた高木を猛烈に批判。陸軍への麦飯導入を拒み続けた。

 その裏には、ドイツ医学を学んだ矜持、英国医学への侮蔑があったことは想像に難くない。あわせて、薬ではなく、食事で病気を予防・治療するという発想に対する嫌悪感もあったかもしれない。

 麦飯という庶民の食物が、白米よりも健康にいいと認めるのは、生粋のエリートである彼には、受け入れがたかったのだろう。

 逆に言うと、高木がカレーライスを考案できたのは、カレーの本場インドを領土にしていた英国に留学したからであり、麦飯を導入できたのは、貧富の別なく診療する臨床医だったからなのだ。

 結果、陸軍は日露戦争において約25万人の脚気患者が発生し、約2万7000人が死亡する事態となったのだが、森鴎外は生涯、間違いを改めようとはしなかった。

 一方高木は、明治21年(1888年)、日本最初の博士号授与者(文学・法学・工学・医学各4名)の列に加えられ、医学博士に。さらに明治38年(1905年)には、海軍における脚気撲滅の功績が認められて男爵位を獲得、世間から「麦飯男爵」の異名で呼ばれるようになった。

「麦飯~」という揶揄(やゆ)するような異名には、「白米ごはん」への憧れを捨てきれない、庶民の素朴な想いがつまっている。現代なら、「カレーライス男爵」と呼ばれていたはずだ。

 明治44年(1910年)には、鈴木梅太郎によってビタミンが発見されたが、その礎を築いた高木の業績は今も世界中で高く評価され、「ビタミンの父」という呼び名と共に、語り継がれている。

(医療ジャーナリスト 木原洋美)