まずは、「飼い主がやるべきこと」として、「日頃からペットのしつけや健康管理を適切に行い、災害時に備えましょう」とある。

 具体的には、「平常時対策」と「災害時対策」に分かれており、前者は「日常のしつけと健康管理」「避難経路の確認」「ペットの防災用品の準備」「預け先の確保」について、後者は「安全の確保と避難」「避難所でのペットの飼育」について説明されている。

 その中で実際にペットを飼育する立場として注目したのは、ペットを自宅に置き去りにせず、「同行避難」するように勧め、かつ避難所の開設・運営も、同行避難を前提に考えられていることだった。避難は、ペットと一緒の方がいい、避難所も、ペットを受け入れてくれる、というのはありがたい。

 背景には、過去の災害時の反省がある。

 東日本大震災等では、「ペットを連れている」という理由で、避難所に宿泊せずに野外生活・半壊の家屋に留まる・車中泊を選択し、そのせいで2次災害に遭ったり、災害関連死に遭うというケースが多発したという。

 そこで、このようなことを避けるために、同行避難が推奨され、飼い主は平常時からペット用の避難用品を準備し、避難所生活に備えてしつけを行う等、ペットとの同行避難を行うための準備をすることに。一方避難所を開設する側は、「ペットを連れての避難を希望する避難者」を想定して、避難所の受け入れ条件や管理方法を平常時から検討しておくなど、同行避難してきたペットを混乱なく受け入れることができるよう、あらかじめ検討しておくこと、というガイドラインが作られたというわけだ。

 基本はあくまでも「自助」であり、ペットの世話をするのは飼い主だが、行政も、フォローしてくれる。それはいいことだと思う。しかし筆者は、避難所のレイアウト例と、その際の諸注意を読んで「これは無理だ」とがっくりきた。

◆避難所のレイアウト例

避難所のレイアウト図
川崎市の『備えていますか? ペットの災害対策~飼い主の備えと避難所ペット管理ガイド~』より転載


 それは次のような内容だ。

 避難所でのペットの飼育場所は、「鳴き声や臭いなどによるトラブルを避けるため、人の居住場所、炊事場や洗濯場所など生活範囲から離れた場所が望ましい」。

 だから飼い主は平素から、ペットが避難所生活に適応し、トラブルが起きないよう、「キャリーバッグやケージ内での生活に慣れさせ、ペットにとって安心できる場所にしておくこと」。